HOME > 企業情報 > 環境・社会活動 > 環境活動 > 事業活動における環境負荷軽減

環境活動

環境・社会活動のTOPへ

事業活動における環境負荷軽減

オフィスでの取り組み

内田洋行の環境目標達成に向かって、社員が一丸となって地球環境に配慮し、オフィスや営業活動において省資源や省エネルギーへの取り組みを行っています。

役員会の完全ペーパーレス化

タブレット端末により資料確認

2012年2月より取締役会議、経営執行役員会議を、完全ペーパーレスで実施しております。資料は全て事前に電子化し、会議は自身のタブレット端末を操作、閲覧することで運営されています。このペーパーレス化により、開催前の議題や資料の確認、事前の情報共有などが進むとともに、会議の生産性も格段に向上、経営の意思決定スピードを高める一助となっています。

ハイブリッド車の導入

ハイブリッド車

2010年4月よりハイブリッド車の導入を進めております。これによって一台あたり年間ガソリンの使用量を大きく削減することができました。2013年7月20日時点では35台の営業車に導入されております。その他の営業車についても、順次、ハイブリッド車への切り替えを推進して参ります。

環境・社会活動に関するお問い合わせはこちら