UCHIDA 新卒採用情報サイト

トップメッセージ

事業内容

教育、オフィス、情報の3分野を中心に、ICTを駆使したトータルソリューションを提供しています

私たちの仕事

私たちが行っている仕事の一端を紹介します。

営業の仕事

商品・サービスを販売するのが営業の仕事です。事業分野ごとに取り扱う商品・サービスに違いはありますが、企画提案力、プレゼンテーション力、クロージング力など、さまざまな能力が求められます。潜在的な課題を顕在化させ、解決に導くコンサルティングを通じて、お客様から信頼され頼られる存在、それが営業です。日々お客様と接するため、市場のニーズをいち早く察知できるのも営業という仕事。内田洋行とお客様をつなぐ重要な役割を担っています。

システムエンジニアの仕事

お客様の課題をシステムによって解決するのがシステムエンジニアの仕事です。システムの開発、導入、稼働後の保守サポートなど、その役割によって必要な知識は異なりますが、技術的な知識はもちろんのこと、お客様の業界に関する知識も必要になります。また、要望をヒアリングし、システムをお客様に説明できるコミュニケーション能力も重要です。内田洋行のシステムをお客様に安心して使って頂くために、システムエンジニアは不可欠な存在です。

企画の仕事

お客様に提案する商品・サービスを新たに生み出すのが企画の仕事です。そのため、事業計画の策定やマーケティング、外部の開発会社との打ち合わせなど、業務は多岐に渡ります。社内のあらゆる部門、さまざまな人と関わりながら仕事を進めていく必要があるため、調整能力が必要となってきます。また、商品が売れる仕組みをつくるのも企画の重要な仕事の一つです。オリジナルの商品やサービスを数多く提供している内田洋行において、企画の仕事は重要な役割を担っています。

先輩社員インタビュー

内田洋行で活躍する先輩社員の志望動機や具体的な仕事内容、社内の様子についてご紹介します。

プロジェクトストーリー

導入事例

研修制度

入社後、大きくOff-JTとOJTという2つの柱で人材育成をしています。
自律に向けて段階的かつ体系的な学習の機会を用意しています。

Off-JT/新人研修→新人フォロー研修→2年次〜5年次研修 or SE研修→役職・年齢に応じた研修、OJT/MBO(目標による管理をベースとした仕事を通じた育成)

募集要項

募集要項を開く
職種 総合職、デザイナー職(併願不可)
主な仕事内容 企業や官公庁、教育機関などのクライアントに対して、ICT機器、自社アプリケーション、空間構築、ネットワーク構築などの提案、受注、提供を行います。
お客様の抱える課題に対し、コンサルティングからシステム基本設計、詳細設計、開発、導入、サポートまで最適なソリューションを提供します。
資格 2017年3月大学卒業および大学院修了予定の方
総合職 学部学科不問
デザイナー職 デザイン系、建築系、美術系専攻の方のみ
給与 2015年4月初任給 大卒月給211,000円 修士卒月給222,900円
諸手当 通勤手当・超過勤務手当・公的資格奨励手当・新入社員住居費補助など
昇給 年1回
賞与 年2回(7月、12月)
勤務地 全国本支店、営業所所在地、海外ほか
勤務時間 9:00~17:15
休日休暇 年年間休日122日(2015年)
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、夏季休暇ほか
有給休暇、特別有給休暇、リフレッシュ休暇(10年毎連続16日間)
保険 雇用・労災・健康・厚生年金
福利厚生 制度/各種財形、持株会、住宅融資、厚生貸付
施設/社宅、寮、保養所(越後湯沢、伊勢志摩)、法人契約リゾート施設
クラブ/フットサル、テニス、バドミントン、音楽、茶道 ほか
採用フロー 採用フローについては以下の通りです。
まずは、エントリーボタンをクリックして、エントリーをお願いいたします。
エントリーをしていただいた方に選考のご案内を差し上げます。
採用フロー図採用フロー図
お問い合わせ先
東日本地区
〒104-8282 東京都中央区新川2丁目4番7号
人事部/採用チーム
TEL:03-3555-406103-3555-4061
E-Mail:saiyo@uchida.co.jp
西日本地区
〒540-8520 大阪府大阪市中央区和泉町2丁目2番2号
大阪支店/採用チーム
TEL:06-6920-252506-6920-2525
E-Mail:vigorous@uchida.co.jp

FAQ〜よくあるご質問

FAQを開く
採用について
Q応募資格を教えてください。
A2017年度に四年制大学もしくは大学院を卒業・修了される方を対象としています。
Q2016年4月入社の新卒総合職採用予定数は?
A56名を予定しています。
Qすでに大学を卒業していますが、応募はできますか?
A正社員として他社に就職していない場合、応募が可能です。
Q採用試験の内容は?
A採用フローをご覧ください。
QOB・OG訪問はできますか?
A可能ですが、時期等については調整させていただく場合がございます。採用担当までお問い合わせください。
Q留年しているのですが、選考にあたって不利になるのでしょうか?
A選考には影響致しません。
Q外国人留学生ですが、エントリーできますか?
A可能です。ただし、日本語の読み書きも必要となります。
入社後について
Q希望の職種につけますか。また、最初の配属先はどのように決まりますか?
A選考中の希望や新人研修中の面談などを総合的に勘案して、会社が決定いたします。できるだけ希望に沿うようにと考えていますが、皆さんの適性等鑑みて、希望以外へ配属されることもあります。
Q異動・転勤について教えてください。またどのくらいのサイクルでありますか?
A異動・転勤は人それぞれのため、サイクルは決まっていませんが初任配属から2~3年は同じ部署で働く社員が多いです。
Q女性社員の方はどのくらい活躍されているのでしょうか?
A現在女性社員は195名おります。女性管理職も増え、今後もますます活躍する女性が多くなることが予想されます。
Q結婚や出産後も仕事を続けられますか。
A産前産後、育児期間にわたって休業できる制度があり、多くの女性社員が利用しています。最近では男性が育休を取得する例もあり、ライフイベントとキャリアを両立できるような仕組みが整っています。
Q独身寮・社宅制度について教えてください。
A実家から初任配属地まで2時間以上かかる場合は、独身寮に入居することができます。また、異動により転勤となった場合は、会社から一定の補助を受けて社宅に入居ができ、皆さんが安心して働けるようサポートしています。
Q新入社員研修はどのくらいの期間行われ、どのようなことをするのですか。
A入社年度によって変わりますが、新入社員研修は、例年1~2ヶ月程度実施しており、その後配属先の部門研修を経て初任配属となります。基本的な社会人としてのマナーから、社内制度、そして実際にお客様と接するプログラムなど実践的な内容を用意しています。
Q入社までに取得しなければならない資格がありますか。
A特にありません。
Qどのような仕事がありますか。
A営業(国内、海外)、SE(開発、サポート)、プロジェクトマネージメント、コンサルティング、商品開発、研究開発、企画、経営企画、経理、人事、総務など多岐に亘る仕事があります。
Q残業や休日出勤は多いですか。
A各部署・職種によって異なりますが、繁忙期には残業・休日出勤はあります。残業した際には超勤手当、また休日出勤した際には振替休日が取得できます。

会社概要

会社概要を開く
名称 株式会社内田洋行
創業 1910年(明治43年)2月
設立 1941年(昭和16年)5月
本社 〒104-8282 東京都中央区新川2丁目4番7号
資本金 50億円(平成27年7月20日現在)
社員数 単体:1,313名(平成27年7月20日現在)
連結:3,064名(平成27年7月20日現在)
代表者 代表取締役社長 大久保 昇
事業内容
1.オフィス関連事業
オフィス空間のデザイン・設計、それにともなう家具の製造・販売
ネットワークの設計・デザイン・施工など
2.教育関連事業
学校教育市場への教育機器・教材・コンテンツの製造・販売
ICTシステムの構築
学校空間デザイン・家具販売・施工
3.情報関連事業
民間企業・公共団体向けの基幹業務他のコンピュータソフトウェアの開発・販売・システムインテグレーションサービス
コンピュータハードの販売、保守サポート
事業所 【本社】東京
【支店】大阪、札幌、福岡
【営業所 他】仙台、新潟、大宮、立川、横浜、静岡、名古屋、金沢、京都、神戸、広島、高松、北九州など
【海外】アメリカ、香港、マレーシア、上海
※海外はすべて現地法人
年間売上高 単体:898億9,500万円(平成27年7月20日現在)
連結:1,399億1,300万円(平成27年7月20日現在)
沿革
明治43年(1910)
中国の大連で、宗主・内田小太郎が、南満州鉄道株式会社の測量・製図器械などの御用商「翠苔号」(後の内田洋行)を創業。
大正6年(1917)
欧米の事務器械輸入業を拡大するとともに、卸業を開始。
大正14年(1925)
“科学立国”へ技術者必携と称された国産初の「ヘンミ式計算尺」の国内総代理店となる。
昭和3年(1928)
国産奨励のもと国産初となる「トーホー自動番号器」「トーホータイプライター」を製造。
昭和16年(1941)
会社組織へ「株式会社内田洋行」を設立。
昭和18年(1943)
満州を中心に事業を拡大し20拠点に。
昭和21年(1946)
終戦後、満州商圏を失う。東京本社・大阪支店につづき札幌支店を開設。5年後に福岡支店を設置。国内で全国展開へ。
昭和23年(1948)
「ヘンミ式計算尺」の学校向け販売を開始。“科学教育の振興”として科学教材部を設置。業界に先駆けてカタログを発行。
昭和27年(1952)
“事務能率の向上”へ、世界で先端とされたドイツ式で「ケントKD型製図器械」を開発。
昭和28年(1953)
文具・事務機業界で初めて実物展示会・ビジネスフェアを開催。
社長・内田憲民の米国視察から、筆記具に革命をもたらした「マジックインキ」を開発。
昭和32年(1957)
世界的発明とされた小型リレー式計算機「カシオ14-A」の総発売元となり、OA化を推進。
昭和36年(1961)
社内報『ウチダファミリー』創刊。
昭和37年(1962)
純国産初の超小型電子計算機「USAC」を発表、コンピュ―タ事業に進出。
昭和39年(1964)
株式、東証・大証2部に上場。
昭和44年(1969)
株式、東証・大証1部に指定替え。
昭和45年(1970)
アジアで初めて開催された日本万博博覧会に、情報処理に必要なシステムをデスクに組み込んだ「オールマイティデスク」を出展。
昭和48年(1973)
ウチダオブアメリカ・コーポレーション発足。米国事業を強化。
昭和56年(1981)
教育情報化のさきがけとして、コンピュータ教育システム「TES」発表。
昭和59年(1984)
コンピュータと教育工学機器を融合したパソコン教育システム「CAI-ACE」発売。
昭和63年(1988)
「志木サテライトオフィス」にて、次世代オフィスの実験に参加。
昭和64年(1989)
人と組織の在り方を研究する企業内研究所「知的生産性研究所」を設置。
平成8年(1996)
品質保証の国際規格「ISO9001」の認定を業界で初めて取得。
平成9年(1997)
ERP基幹系業務システム「スーパーカクテル」シリーズを発売。ソフトウェアビジネスを拡大。
平成13年(2001)
RF-IDを活用した「IT図書館システム」を開発、販売開始。
IT対応のモジュール型ワークステーション「D-MOLO」を発売。
平成17年(2005)
ユビキタス志向の情報空間づくりに向けて空間構築ソリューション「Smart Infill」を発表。
学校教育で初の教育用コンテンツ配信サービス「EduMall」を開始。
平成18年(2006)
次世代教育のグランドデザインを研究する企業内研究所「内田洋行教育総合研究所」を設置。
平成20年(2008)
「ICT」と「情報」をテーマに「ユビキタス協創広場CANVAS」を新川本社に開設。
平成22年(2010)
創業100周年を迎える。
平成23年(2011)
香港に内田洋行グローバルリミテッド社を設立。
平成24年(2012)
企業の“働き方変革”を支援する「Change Workingコンサルティング・サービス」を開始。
平成25年(2013)
学校の“学び方変革”を支援する、未来の学習空間「フューチャークラスルーム」を開設。

PAGE TOP