文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 製造業の導入事例 > ゴム製品製造:内外ゴム株式会社

ERP/基幹業務システム スーパーカクテルシリーズ 豊富な導入実績。日本企業のベストプラクティスを集約。

  • ERP/基幹業務システム HOME
  • スーパーカクテルの特長
  • 経営課題はこれで解決!
  • 製品情報
  • お客様導入事例

お客様導入事例ゴム製品製造業×販売管理パッケージシステム

スーパーカクテル導入事例レポート|ゴム製品製造 内外ゴム株式会社様(兵庫県明石市)

物流精度の改善に向けた全体最適化。
リアルタイムな情報更新で業務効率化を実現。

大正2年に創立し、2013年に100周年を迎えた内外ゴム株式会社様。ゴム工業界のパイオニアとして高い信頼を獲得し、工業用品をはじめ、軟式野球ボールやソフトボール、履物まで、幅広くゴム製品を製造販売しています。技術力を生かした製品の1つである『地震感知器』は、東京スカイツリーにも採用されるなど、高い評価を受けています。同社が2011年まで業務管理に使用していたのがオフコン。当時の命題として掲げられていた「物流改善」を行うためには、受発注業務にも大きく関連してくるため、上位システムの見直しが必要不可欠でした。その課題を解消するために 『スーパーカクテルデュオ販売』を選んだ理由、そして、新システム稼働によってどのような効果を得ることができたのか、詳しく伺いました。
導入システム スーパーカクテルデュオ販売
対象業務 販売管理、購買管理、在庫管理
ソリューションパートナー 株式会社内田洋行
課題     |     選定の理由     |     導入プロジェクト     |     導入効果     |     システム構成図     |     今後の展望
課題と解決への取り組み
課題

 受発注入力業務にかかる時間・手間を軽減し、属人的なシステムからの脱却を図りたい。


 製品在庫をリアルタイムで確認できるようにしたい。


スーパーカクテルデュオ販売を導入
導入効果

 品目検索画面の活用による受発注入力で処理効率が大幅に向上できた。


 リアルタイムのデータ更新により、正確な製品在庫の把握を実現するとともに、迅速な業務処理が可能になった。


導入システムの詳しいご案内資料を差し上げます
スーパーカクテルデュオ導入事例
内外ゴム株式会社様
(PDF版/828KB)
↑ページのトップに戻る

属人的なシステムが、さまざまなトラブルを誘発

花川和巳様 土井正孝様 木下勝裕様
(写真左から)
経理部  情報管理室  課長代理  花川和巳様
取締役社長  土井正孝様
経理部  情報管理室  課長代理  木下勝裕様
スーパーカクテルの導入前に使用されていたのはオフコン。オフコンは決められた担当者しか操作できなかったため、各営業部ごとに1名しかいない事務担当者に伝票処理作業が集中していました。それにより入力業務と出荷業務にタイムラグが発生し、さまざまな問題が生じていました。
「溜まった伝票を処理するために、担当者がデータの入力に集中してしまうと、その間のオーダーはストップしてしまい、出荷までに時間がかかってしまうことも多くありました。でも、入力しないと出荷ができないので、事務も物流担当もジレンマを感じていましたね」(花川課長代理)
そのため繁忙期には、出荷を優先させるために手書きの仮伝票を発行することもしばしば。「正式に発行した伝票と手書きの仮伝票、FAX での発注もあったので、情報の連動性がありませんでした。リアルタイムで在庫が確認できないため、得意先にご迷惑をお掛けしてしまうこともありました。誤出荷や棚卸の際の在庫の不整合なども誘発してしまい、悪循環に陥っていましたね」(木下課長代理)
このような状況のなか、同社内で『物流改善』というプロジェクトが立ち上がりました。「物流の精度を上げるためには、物流の構造だけではなく、受発注の問題も解決しなければなりません。オフコンがいつまで使えるのかということもあり、システム全体を見直そうと考えました」(花川課長代理)
↑ページのトップに戻る

パッケージに合わせることを前提に、将来的な拡張性を見据えて選定

評価項目
オープン化ではなく、『物流改善』に端を発した同社のパッケージ導入は、さまざまな視点での評価項目を設け、検討に検討が重ねられました。
「今までお付き合いのあったベンダーにも相談するなど、数社からシステムの提案を受けていたのですが、機能性や使い勝手に偏りが出ないよう、評価項目を明確にしてシステム担当の3 人で採点を行い、議論を重ねました。なぜスーパーカクテルにしたのか、ということを社内に説明し納得してもらうためにも必要な検証作業だったと思います。カスタマイズできること、ある程度自分たちでコントロールできることを条件としていたので、コスト面はもちろん、これから長くお付き合いをしていく上でのサポート体制についても重視しました。
導入実績は市場の評価でもあるので、そういう点でスーパーカクテルには安心感がありましたね。気になった点や、わからないことにすぐ答えてもらえましたし、今後のお付き合いもスムーズにできるのではないかと感じました」(花川課長代理)
「デモ画面を作成してもらったりして、良いところと悪いところを整理することで、今の自分たちに必要なものと不要なものが浮かび上がってきました。初めてデモ画面を見せていただいたときに感じたのは、画面が見やすかったことと、ファンクションキーにより項目の遷移を行えることでの使いやすさです。オフコンはキーボードの操作が多かったので、ファンクションキーを有効に使えるのは大きな魅力でした。標準でパッケージされている帳票が多い点も良かったですね。連携性に優れているのと、今後入れたいと考えていた生産管理が含まれていたこともポイントが高かったと思います」(木下課長代理)
あらゆる視点から検証・検討を行い、最終的に導入されたのがスーパーカクテルデュオ販売でした。
↑ページのトップに戻る

最も複雑な業種を基準とすることで、全体業務を最適化

2010年12月にスーパーカクテル導入へ向けたプロジェクトが動きだし、システムが稼働したのは2011年7月。わずか7カ月という短期間での導入を可能にした要因を教えていただきました。
「導入に際しては、できる限り標準パッケージに合わせて調整していこうという姿勢で臨みました。受注計上画面の検索性と受注入力の効率化という2点にはこだわりましたが、それ以外は本当に困っている部分だけカスタマイズしようと考えていました。できるだけ早く立ち上げたいという要望もありましたし、移行期間を短くすることでコストの抑制にもつながったと思います。導入メリットについて各業種からの理解が得られていたことも、スムーズに進行した理由のひとつですね」(花川課長代理)
「短期間で導入したのにもかかわらず、トラブルはほとんどありませんでした。移行する環境・テストする環境・本番用の環境という3つの環境を作ってもらい、あらゆるシミュレーションが行えたのが大きかったです。時間がないなかでも、きちんと手順を踏んだことで好結果につながったのだと思います」(木下課長代理)
↑ページのトップに戻る

作業時間の短縮&負担の軽減。正確な情報をリアルタイムで共有

スーパーカクテルデュオ販売の導入から約1年半。オフコン時代との比較も交えながら、実際に使用して感じたメリットをお話いただきました。
リアルタイムで在庫情報を確認
「以前は、朝一番で出した在庫表を見ながらその日の注文を受けるということが日常的に行われていました。そのため、同じ商品の注文が重なってしまうと、夕方に商品を出荷しようとしたときに在庫がないというトラブルも少なくありませんでした。今は、引当の処理がリアルタイムに更新されるので正確な在庫情報を素早く把握でき、トラブルも減りました」(木下課長代理)
物流管理の効率化で作業負担を軽減
「出荷指示から売上計上、納品書を出すという3段階で行っていた商品出荷時の作業が、ほぼ一括でできるようになりました。オフコンだとピッキングリストが出せなかったため、納品書がピッキングリストの代わりになっていたんです。それが、ピッキングリストと納品書を同じタイミングで別々に出せるようになったので、倉庫内での商品ピックアップの作業効率も上がりましたし、物流担当者の作業負担も大幅に軽減しましたね。仮伝票による処理やFAX による出荷情報のやりとりもなくなり、情報をシステム上で一括管理できるのでトータルの出荷数もすぐに確認できるようになりました。さまざまな情報がわかりやすく・見やすく整理されたことで、誤発注や誤出荷も大幅に減りましたね」(木下課長代理)
作業時間を大幅に短縮
「日次処理・月次処理をはじめ、締め処理、請求書の発行などにかかる時間が大幅に短縮されましたね。例えば、従来は請求書作成に3時間かかっていましたが、現在ではものの数分で発行できます。わかりやすい画面で誰でも簡単に操作できるので、特定の人間に作業が集中してしまうということもなくなりました」(花川課長代理)
マスタ不整合による調整作業から解放
「オフコン時代は、データの連携が上手くいかずに整合性がとれないということも多かったのですが。それでも使用しないわけにはいかないので、修正に修正を重ねて整合性をとっていました。その作業から解放されたこともメリットですね」(花川課長代理)
膨大にあった帳票の整理を実現
「旧システム時は帳票の種類が数千を超え、その管理は困難を極めていました。スーパーカクテル導入時に、標準パッケージの帳票を生かしながら整理できたのも良かったですね。その際、中間データを取り出せたのも大きかったです」(花川課長代理)
データ抽出要望にもスムーズに対応
「さまざまな情報をデータ分析に活用できるのもメリットですね。オフコン時代は、データを抽出するのにもかなり時間がかかって大変でしたが、今は過年度のデータも容易に取り出せるので、社内からの要望にもスムーズに応えられています」(花川課長代理)
↑ページのトップに戻る

新システムの概要図

新システムの概要図
導入システム  スーパーカクテルデュオ販売

時代に合わせて常に改善を行い、営業活動に役立てられるシステムに

業務のさらなる効率化と売上拡大を目指す内外ゴム様。スーパーカクテルの位置づけと市場の変化を見据えた今後の展望をお伺いしました。
「以前から構想はあったのですが、現在実用化を考えているのはweb との連携です。今はスマートフォンやiPad が普及するなどモバイル環境も整ってきているので、担当営業が外出先からでも在庫情報や得意先情報を確認できるようにしたいです。即時対応が可能になればタイムロスも減って、受注や売上の拡大にもつながるでしょうし。営業活動に役立つ使い方をしていきたいですね。また、現在行っているホームページでの販売との連携もしていければと考えています。得意先にもweb 上で発注していただければ受注業務を軽減できるので、その必要性を感じています」(花川課長代理)
「ソフトボールや野球ボール、履物は学校・教育施設が主なターゲットとなります。少子化が進む中でも安定した売上が確保できるようにデータの連係を強化し、全国各地の教育施設にアプローチできればと思っています」(木下課長代理)
 
常に一歩先を見据え、次世代対応のシステムづくりを追求する内外ゴム様。その基盤を支え、ともに進化の道を歩むのがスーパーカクテルです。

スーパーカクテルデュオ導入事例
内外ゴム株式会社様
(PDF版/828KB)
↑ページのトップに戻る

お客様プロフィール

高い技術力と、枠にとらわれない発想で市場ニーズに応える

大正2年に創立し、2013年に100周年を迎えた内外ゴム株式会社様。ゴム工業界のパイオニアとして高い信頼を獲得し、工業用品をはじめ、軟式野球ボールやソフトボール、履物まで、幅広くゴム製品を製造販売しています。
少子化に伴い縮小傾向にあるスポーツ用品市場においても安定した業績を残せているのは、的確に時代のニーズを取り入れる感度の高さと、社会貢献への意識の高さによるもの。「キャッチボール専用球の『ゆうボール』は、子どもからお年寄りまで、男女を問わず安心してキャッチボールを楽しんでいただけるよう、プロ野球選手会と共同開発した製品です。野球人口の増加だけではなく、親子のコミュニケーション活性化にも役立ててもらえると嬉しいですね」(花川課長代理)
また、同社の高い技術力を生かした製品として注目を集めているのが『地震感知器』。地震発生時のP波(初期微動)を感知し、走行中のエレベータを最寄りの階に停止させるもので「検知動作システムの設置が義務付けられたこともありますが、東日本大震災以降、お問い合わせが急増しました。東京スカイツリーにて使用を採用されるなど、高い評価をいただいております」(木下課長代理)
安心・安全へのニーズに応える取り組みが、新たな価値を生み出しています。
ゆうボール
地震感知器
企業名 内外ゴム株式会社
代 表 者 取締役社長 土井 正孝
創 立 大正2年 7月1日
従業員数 240名
事業内容 ゴム製品の製造
U R L http://www.naigai-rubber.co.jp/index.html
[ 2013年2月取材 ]
導入システムの詳しいご案内資料を差し上げます

Facebook



導入した製品・ソリューション
販売・在庫管理パッケージ「スーパーカクテルデュオ販売」
販売・在庫管理を中心に基幹業務の標準化を実現。業務効率化や品質向上に加え、現場の判断力を高め「在庫の適性化」「売上機会の損失防止」を強力に支援します。
カスタマイズ機能と、フレキシブルなシステム連携に優れ、「低コスト」「短期間」「高機能」でご導入いただけます。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.