文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 食品業の導入事例 > 業務用食料品卸売業

ERP/基幹業務システム スーパーカクテルシリーズ 豊富な導入実績。日本企業のベストプラクティスを集約。

  • ERP/基幹業務システム HOME
  • スーパーカクテルの特長
  • 経営課題はこれで解決!
  • 製品情報
  • お客様導入事例

お客様導入事例業務用食料品卸売業×食品業向けパッケージシステム

業務用食料品卸売業

在庫精度の向上により、
在庫ロスによる受注機会損失や
過剰在庫を削減
業務用食料品卸売業イメージ
導入システム
お客様プロフィール
業種:
業務用食料品卸売業
年商:
約22億円
取扱商品:
業務用食料品、飲料
ソリューションパートナー

株式会社内田洋行ITソリューションズ

課題と導入効果

課題

複数のシステムが同時稼働している

  • 売上実績や在庫情報のデータが分かれており、統計帳票の作成に時間がかかっている。
  • 各種マスタが複数あるため、二重管理が発生している。

製品の在庫管理ができていない

  • 在庫数の把握を売上実績をもとに集計している為、棚卸しないと正確な在庫が把握出来ない。
解決策

販売管理システムの統合

  • 複数に分かれていたシステムを統合し、各種マスタを一元化。
  • オンラインの受注データを販売管理システムに取込むことで業務を効率化。

在庫管理の徹底

  • 現在庫、入出荷予定から日別の有効在庫を把握することで、適正な在庫数と発注量を決定。
スーパーカクテルデュオFOODsを導入!
導入効果

業務の効率化

  • システムを統合することで、業務負荷となっていた二重管理がなくなった。
  • 統計帳票の作成業務が標準化された為、複雑なオペレーションとなっていた属人的な業務が削減された。

在庫ロスによる受注機会損失や過剰在庫を減少

  • 引当在庫管理、日別在庫推移の把握により、受注機会損失を防止出来るようになった。
  • 日別の有効在庫の推移を2週間先まで予測可能となり、適切な発注が行えるようになった。

導入システムの特長

POINT01

ミスの少ない商品検索

取引履歴から商品検索することにより、類似商品がある場合でも対象の商品を確実に選択することができます。

POINT02

日別の有効在庫数を把握

商品を倉庫別に日別で『有効在庫数』を把握できるため、入出荷予定や発注点を参照して納期回答や商品の発注ができます。

導入した製品・ソリューション

食品業向けERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」

食品製造業・加工業、食品卸に特化したERPパッケージ/基幹業務システムです。生産から販売まで、製販一体型の業態に最適。賞味期限管理やEOS(オンライン受発注システム)、指定伝票発行など、食品業の商習慣や取引形態に対応した豊富な機能が満載です。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.