プレスリリース
[プレスリリースの内容について]
プレスリリースに記載されている内容は発表時現在のものです。内容に関してはその後予告なく変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。


O052
平成14年4月

複数のパソコン画像を素人でも簡単に大型ディスプレイに切り替え表示
「Media Sign」(メディアサイン)を発売

― 配線工事不要で24時間連続運転が可能 ―


株式会社内田洋行(本社:東京都中央区、社長:向井眞一)は、パワーポイントのスライドショウ、HTMLファイル、Shockwaveフラッシュを格納したCDを、専門知識がない人でも簡単にディスプレイに表示できる「Media Sign」(メディアサイン)を商品化し4月10日から発売します。
店舗や企業のインフォメーションボード向けとして、またイベント・展示会・ショウルームなどのプロモーション用、電子ポスター、施設案内などに利用できます。

「Media Sign」は、キーボードやマウスは一切必要としません。このため、パソコンの知識のない人でも簡単に操作ができます。
内蔵されているのは最大40MBのコンテンツを収容できるメモリーだけで、ハードディスクやモーターファンを使用していないため,24時間の連続運転でも途中で停止することがありません。

使用するメディアはパソコンの記憶用に使用されているCD−Rで、きわめて安価に利用することができます。画像の入ったCD−Rを挿入するだけで自動的に更新され、また、ビデオテープなどと異なり劣化がありません。
モニターとの接続は、筐体背部の映像端子及びSビデオ端子からワンタッチで行え、配線工事は不要です。
送信できる信号はRGBとNTSC信号で、表示装置はプラズマ、液晶ディスプレイのほか、一般のテレビモニターを使用することもできます。

さらにオプションとして以下の3機能を加えることができます。
(1)分配器を設置して、複数台のモニターに接続できます。
(2)モニターは通常は横型ですが、縦型に使用することも可能です。
(3)ネットワーク配信に個別対応することも可能です。

■価格
「Media Sign」の本体価格は、39万8,000円。 専用スタンド(プレシオ)は、16万4,000円より。

■販売目標
初年度100台の販売を目標としています。

■主な仕様
品 名 「Media Sign」(メディアサイン)
形 名 CDP-Type1
CPU・チップセット Embedded Cyrix GXM-300/Cyrix CX5530
システムメモリ 144-pin SODIMM socket 128MB
出力端子 ビデオ出力端子(RCA, Sビデオ)
RGB出力端子(ミニD-sub15ピンコネクタ)
音声ライン出力(L/R)
使用条件 5-32°C(結露なきこと)
電源・消費電力 AC100V 50/60Hz(電源内蔵) 30W以下
外形寸法 330mm(W)×61.5mm(H)×220mm(D)(突起部含まず)
質 量 約3Kg
コンテンツ容量 再生可能なコンテンツの最大容量:40MB未満
再生時解像度 VGAサイズ 640×480ドット

■システム利用概念図
       

 ※パワーポイントは、米国Microsoft Corporationの米国および他の国における登録商標です。


■この件に関するお問い合わせ先
メールにてお問い合わせください。

ニュースリリーストップページへ内田洋行ホームへ

(C) Uchida Yoko Co., Ltd. All rights reserved.