HOME > IT図書館システム「ULiUS(ユリウス)」 > コンセプト

IT図書館システム ULiUS(ユリウス)

資料請求・お問い合わせ

ICタグ×空間デザイン=ユビキタスライブラリー

  • ULiUS ホーム
  • コンセプト
  • 製品・サービス
  • 導入事例
  • 図書館ニュース

IT図書館システム ULiUS コンセプト ICタグと空間デザインが実現するユビキタスライブラリー

コンセプト ICタグ×空間デザイン=ユビキタスライブラリー

  • ICタグソリューション

    ICタグにより操作の「美しさ・スマートさ」を実現し、利用者のストレス削減、情報コンテンツとの新しい出会いを生み出します。内田洋行はICタグを図書館のインフラと考えて読取り性能に徹底的にこだわっています。インフラを単に管理・効率化のために使用するだけでなく、より利用者サービスを向上するために活用します。

  • 空間デザイン

    豊かさや人間の感性、立ち振る舞いを触発する空間デザインと仕掛けで魅力的な図書館を目指します。
    情報と家具を組み合わせたデザインや、情報装備の進化や変化、場所に束縛されないフレキシブルな空間を意識しています。

  • ユビキタスライブラリー

    ICタグと空間デザインを組み合わせた図書館。それが内田洋行の考えるユビキタスライブラリーです。
    機能と美しさが融合し、本と情報、人と情報、地域と情報をつなげる、これからの図書館の形です。

ユビキタスライブラリー

国内初のICタグを導入した図書館システムを構築

内田洋行は「ユビキタスコンピューティング」を実現する具体的なツールとして、1985年より、ICタグ(RFIDタグ)を使った製品システムづくりをさまざまな領域で実現して参りました。2001年国内初のICタグを使った図書館システムの構築を手がけ、貸出、返却、蔵書点検、セキュリティゲートシステムは大きな話題と高い評価を得ております。

地域の中核となる図書館へ、文化・歴史・伝統の情報発信

ICタグの活用効果も上がり、これからは生涯学習の観点や、地域活性化の観点から、地域の中での「図書館」を中核とした文化や歴史・伝統の「情報発信」と、住民参加の「情報蓄積・創生」の拡充、さらには、学校も含めた、地域コラボレーションの充実に向けた取り組みを期待されております。内田洋行は、これからも図書館を中核とする“快適な生涯学習環境作り”のベストパートナーを目指します。

ユビキタスライブラリーで地域活性化

ICタグソリューションと空間デザインを組み合わせて活用することで、本と情報、人と情報、地域と情報をつなげる仕組みづくりをお手伝いします。1冊の本から地域のイベント情報を発信したり、地域施設の展示物から図書館の所蔵情報を案内したりと、ユビキタスライブラリーは幅広い地域活性化を実現します。

IT図書館システム ULiUS 概念イメージ

製品・サービスのご紹介

関連サービス

デジタルサイネージ「Oiteminfo2(オイテミンフォ)」

置いて選んでタッチして 楽しみながら情報発掘。


快適に節電。内田洋行の提案する省エネ対策のご紹介

お客様のニーズに合わせた節電・省エネ対策をご提案します。

  • ULiUS ホーム
  • コンセプト
  • 製品・サービス
  • 導入事例
  • 図書館ニュース
  • 資料請求・お問い合わせ