HOME > 企業情報 > 環境・社会活動 > 環境活動 > 製品・サービスにおける環境保全への貢献

環境活動

環境・社会活動のTOPへ

製品・サービスにおける環境保全への貢献

環境に配慮したものづくり (1)

内田洋行は、循環型社会を実現するために、廃棄物を抑制するための設計や、循環資源を利用するための「再生材料の使用」に取り組んでいます。

デスクの環境設計対応例

再生PP100%の部品 ワークプレイスシステム(ALPLACE)

●再生材の積極利用
各デスクとも、ペントレーやプラスチック部品に再生材を採用。

●リデュース設計
ワークプレイスシステム(ALPLACE®)は、解体が簡単にできるように設計しています。そのため、頻繁な組織変更に対応した移設が容易であり、必要に応じて、組み替え、パーツ追加を行い、アップデートして使い続けることができます。

チェアの環境設計対応例

再生PETクロス 背座クッション取り外し AJチェア

●再生材の積極利用
・ 再生PETボトルを利用した張り地の他、リサイクル率の高いアルミダイキャストを使用。

●ロングライフ
・取り外し可能な背座クッション。

●分別設計・材料表示
・一般的な工具で素材別に分解が可能。
・リサイクルのための素材表示。

●ノックダウン構造の製品設計
・AJチェアでは、梱包容積をサイズダウンし、流通段階での環境負荷を低減。

収納家具の環境設計対応例

ユニット天板

●再生材の採用
・ 取手カバーなど、プラスチック部品に再生材を採用。

●F☆☆☆☆の天板
・ ユニット天板には、F☆☆☆☆の繊維板を採用。

再生材使用例(ハイパーストレージHS)

製品カタログに表示している環境ラベル

グリーン購入法適合商品
(一社)日本オフィス家具協会(JOIFA)が「国等による環境物品等の調達の推進に関する法律(グリーン購入法)」の普及と識別を目的として制定した統一マークで、グリーン購入法に適合していることを示しています。
ウチダ環境マーク
環境保全という見地から、ウチダ独自の製品アセスメント基準に照らし、設計・製造・流通・使用・廃棄のライフサイクルにおいて、一定の基準を満たしたものと認めた商品に付与しています。
JEMA学校教材・教具安全基準適合品
学校教材・教具で、製品からの有害物質(学校環境衛生の基準対象の6物質:ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン)の放散が(一社)日本教材備品協会(JEMA)の定める基準以下であることを示しています。

木材合法性証明書 オフィス家具のグリーン購入法

オフィス家具のグリーン購入法の基準では、製品に木質材が使用されている場合、再生資源であるか「原料の原木が合法的に伐採された」ものであることを求められています。
内田洋行は、林野庁「木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドライン(平成18年2月15日)」に準拠して、証明・管理をおこなっています。

環境・社会活動に関するお問い合わせはこちら