ウチダ PCソフトカタログ

ウチダ PCソフトカタログ Vol.127


>> P.82

82の教育機器はベルマークで購入できます。DIGITALCONTENTS総合国語社会算数/数学理科図画工作/美術特別支援音楽体育/保健体育外国語活動/外国語総合WIN7WIN8WIN8.1WIN10指導用話題のプログラミング教育、人工知能、IOTに対応しました!白板ソフト幼小中高大般●記録ボタンを使って記録した部品を組み合わせて教材作成やプログラミング教育が簡単にできます。●ホワイトボードとして使えます。画像ファイルを読み込んでその上にペンで書き込みができます。筆圧対応のタブレットにも対応しています。●書き込んだ内容や画像ファイルをはさみで切り取って部品化にして、自由に動かしたり変形させたりできます。その場で書いて作成した部品やキーボードから入力した文字を自在に動かせます。●部品を動かすことで、国語では登場人物をシーンに合わせて動かして話し合いを行なうことができます。算数では切り取った図形を動かして考え方の説明ができます。動きを記録した部品を組み合わせて表現することも可能です。●テキスト編集の計算ボタンで計算を行う部品が作れます。例えばA*X+Bのテキストから値を入れるだけで計算する部品の作成が可能です。計算する部品は記録部品と組み合わせてプログラムの要素としても使えます。●新規作成で表やグラフも作成できます。計算結果をグラフにドラッグして表示することができます。●サウンドファイルやマイクからの録音でサウンド部品を作成しクリックで再生できます。プログラムからも再生可能です。●隠すペンを使って答えを隠してクリックでめくることができます。隠した答え部分を切り取った穴埋め問題も新規作成の教材作成でワンタッチで作成できます。穴埋め問題では答えを移動することで正解ならばそのまま入って、まちがいの場合は元の場所に戻ります。●脳のニューラルネットモデルを使った人工知能プログラミングが簡単にできるようになりました。表を重みのついた矢印で繋いで入力となる表に値をセットしてから、出力となる表に正解の値をドラッグすることで、重みを調整する学習がおこなわれます。記録部品で繰返し学習を行なわせて重みが変化して行く様子を見ることもできます。脳の中で学習がどのように行なわれているかの説明にも使えます。●IOT(モノとの通信)にも対応しました。ARDUINOにFIRMATAスケッチ(プログラム)を書き込み、白板ソフトからUSBケーブルを使ってARDUINOと通信することでセンサーやモーターを動かすことが可能です。●作成した教材を単体実行ファイルとして保存してUSBなどで配布することで、白板ソフトがインストールされていないタブレットでも実行できます。単体実行の場合は一部機能が制限されます。●同一グループ内のネットワーク接続可能なPC,IPAD,IPHONE,アンドロイドにインストールした白板ソフトとページの送受信がおこなえます。●書籍『楽しい授業をつくる∼「白板ソフト」を使って∼』にも複数の実践事例が載っています。HD100MB以上の空きCPU/メモリお使いのOSが推奨する環境以上外付けのタブレットや電子黒板、WEBカメラを使うことで、より便利に使うことが出来ます。IOTでモーターやセンサーと接続するには、ARUDINOもしくはARUDINO互換ボードと接続ケーブルなどが別途必要です。パッケージはWINDOWS用CDになります。インストールはCD内のSETUP.EXEで行います。CDにはインストーラーと教材作成に使える素材集が入っています。素材集は必要に応じてCDからPCに複写してお使い下さい。型番品名本体価格税込価格4-813-6075白板ソフト¥9,000¥9,720▼詳しくはこちら!「白板ソフト」の動画を見ることができます。記録ボタンを使って操作を記録した部品を組み合わせて簡単に教材作成やプログラミング教育ができます。記録部品の組み合わせや配置で動作が変わります。隠すペンを使って答えを隠してクリックでめくることができます。隠した答え部分を切り取った穴埋め問題も新規作成の教材作成でワンタッチで作成できます。穴埋め問題では答えを移動することで正解ならばそのまま入って、まちがいの場合は元の場所に戻ります。脳のニューラルネットモデルを使った人工知能プログラミングが簡単にできるようになりました。表を重みのついた矢印で繋いで入力となる表に値をセットしてから、出力となる表に正解の値をドラッグすることで、重みを調整する学習がおこなわれます。記録部品で繰返し学習を行なわせて重みが変化して行く様子を見ることもできます。脳の中で学習がどのように行なわれているかの説明にも使えます。白板ソフトの基本はホワイトボードですが、それ以外にもたくさんの機能があります。


<< | < | > | >>