セミナーのご案内

大学・高校実践ソリューションセミナー 2015 東京

2015.11.18(水)・11.19(木) 東京 (株式会社内田洋行)


当セミナーは終了しました。
記載されている内容は発表時現在のものです。
内容に関してはその後予告なく変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

ごあいさつ

近年、大学・高校は、「グローバル化」や「アクティブ・ラーニング」「ICTの利活用」等、教育環境が変化し続けてきております。本セミナーでは、そのような教育現場の皆様向けに上記テーマに加え「大学経営」「最新技術」「語学」「学生サービス」「図書館」等の様々なテーマで、先進的な教育現場の実践事例と最新のICTソリューションをご紹介いたします。どちらのセミナー・展示も、皆様のお役に立てるものと確信しております。是非ともご参加いただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

日時

平成27年11月18日(水)・11月19日(木)

開場
10:30~
セミナー
11:00~17:30
展示
10:30~18:00
会場 株式会社内田洋行 新川本社(ユビキタス協創広場 CANVAS)
東京都中央区新川2-4-7
費用 無料
対象 教育機関の関係者の方からのお申し込みを優先させていただきます。
主催 株式会社内田洋行
後援 New Education Expo 実行委員会

セミナープログラム:11月18日(水)

[ セミナーの詳細を見る ▼ ]

11:00
-
12:00

No.1医療・看護教育

臨床実習効果を高める新しいシミュレーションスタイルとは

株式会社京都科学
株式会社フォトロン
株式会社内田洋行

近年のシミュレーション教育は益々重要度を増しています。京都科学によるシミュレーション教育の実践事例、ディブリーフィング(振り返り学習)に最適な「PF-NOTE」の活用の紹介、そしてこれからのシミュレーション教育のパフォーマンスを高める最適な学修空間をご提案します。

No.2キャリア・就職支援

自らをデザインし続けるキャリア
〜偶然を必然に変えるためのアクティブ・ラーニング〜

株式会社アントルビーンズ 代表取締役社長
彌島 康朗 氏
株式会社ウチダ人材開発センタ

真面目に働いてきたにも関わらずキャリアチェンジを求められる40,50代社員、10年後に半数以上の職がAIに置き換えられるとの予測に直面する20,30代社員。求められるのは、自らデザインしたキャリアとそのデザインスキル。自ら成長し変化し続けるための学びとその実践に基づいたプログラムをお伝えします。

No.3最新技術
〈Netboot〉

変わる教育環境、変えるICT基盤
〜ICT教育を支える最新技術トレンド〜

株式会社シー・オー・コンヴ 代表取締役
丸山 伸 氏

新しいICTデバイスと教育技法が次々と登場する中、基盤技術への理解はまだ深まっていません。デバイスと技法を活用するために必要なICT基盤技術はどのように進化しているのか。配信技術を中心に、最新トレンドを活用事例と共に解説します。

 
  昼食・展示
13:10
-
14:10

No.4学生サービス

eポートフォリオによる学びの支援と質保証

日本女子大学 理学部 数物科学科 教授
小川 賀代 氏

学修の達成状況を整理・点検すると共に、これを活用し評価する手段としてeポートフォリオを導入する大学が増えています。しかし効果的な活用方法については、共通の課題となっています。本セミナーでは、eポートフォリオの導入から運用まで国内外の事例と共に紹介します。

No.5MOOC・反転授業

「学びの場」を変えたいすべての人へ
〜東大MOOC「インタラクティブ・ティーチング」で学ぶアクティブ・ラーニングの根幹〜

東京大学 大学総合教育研究センター 准教授
栗田 佳代子 氏
特任研究員
市川 桂 氏

学生がイキイキと学ぶ教室をつくりだすために教員ができることは何なのか? MOOC講座の紹介や成果を交えつつ、アクティブ・ラーニングを正しく理解し、インタラクションを通じて、「学びの場」を変えるヒントについて考えてみませんか。

No.6最新技術
〈仮想化とVDI〉

使い慣れたデバイスで業務・授業を実現!
〜VMwareが提供する最新エンドユーザーコンピューティング〜

ヴイエムウェア株式会社 ゼネラルビジネス営業本部 広域パートナー営業部 パートナービジネスマネージャー
村田 晃祐 氏

デバイスの形態や利用用途が多岐に渡る中、縛られた特定機器の利用だけでは最適な業務・学習環境を実現する事が困難になりつつあります。様々な変化に柔軟に対応し、ユーザーの期待に即応する為に「モノに縛られない環境」の実現方法をご紹介します。

 
 

【第一回】見学会(14:20〜14:50)・ 展示

「第一回見学会」は満員につきお申し込みを締め切りました。
フューチャークラスルームを含む見学可能フロア、展示会場はご自由に見学いただけます。
ご見学を希望される方は、当日フロア係員にお声掛けください。

15:00
-
16:00

No.7学生サービス
〈証明書自動発行システム〉

新しい「使いやすさ」をすべてのお客さまに
〜証明書自動発行システム「パピルスメイト6」新製品発表会〜

株式会社内田洋行

パピルスメイトが、ついに第6世代に進化します。「信頼性」「安定性」はそのままに、お客さまからのご要望やこれまでの経験を元に全てを一から開発し、お客さまの「使いやすさ」を最大限に高めた「パピルスメイト6」をご紹介します。

No.8ワークショップ
〈クラウド&
アクティブ・ラーニング〉

(15:00〜16:10)
学びの場をリアルとサイバーの両面からデザインしたら?

国立大学法人九州大学 教授
村上 和彰 氏
株式会社ドコモgacco 代表取締役社長
伊能 美和子 氏
パワープレイス株式会社 常務取締役
濱村 道治 氏

デジタル革命が教育現場で進行しております。デジタルデバイスの浸透、クラウド等の教育インフラの変革、そして、MOOCに代表される教育の新潮流。このような革命の中、私たちは「学びの場」をどのような方向に持って行けばいいのか? そのデザインの方向性を探ります。

No.9最新技術
〈Windows10、Azure〉

Mobile First、Cloud First
〜Windows10とMicrosoftのクラウドサービスで学習環境が変わる〜

日本マイクロソフト株式会社
クラウド&ソリューションビジネス統括本部 ソリューションスペシャリスト

藤澤 蘭子 氏
パブリックセクター統括本部 ソリューションスペシャリスト
平塚 建一郎 氏

大学を中心にOffice365 Educationのユーザー数が、220万人を超えました。同時に、教育機関において、クラウド基盤としてのMicrosoft Azure、モバイル環境の管理を行うEnterprise Mobility Suiteの採用も増加しております。本セミナーではWindows10とマイクロソフトのクラウドサービスで学校のICTがどう変わるのかをご紹介します。

No.13ここまで進む!! 教育の情報化
私立学校編 ①

iPadとロボットでプログラミング教育と実践事例

神奈川大学附属中・高等学校
小林 道夫 氏
レゴジャパン株式会社 レゴエデュケーション

神奈川大学附属中・高等学校では、iPadを用いたロボットのプログラミング授業を実施しております。この授業では、生徒たちのコミュニケーション能力の育成を目指すと同時に、情報の科学的な理解を深めています。これらの実践事例についてご紹介します。

  展示
16:30
-
17:30

No.10大学経営
〈IR〉

高大接続を考えるための1万人以上のIRデータ

明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当) 客員教授
伊藤 健二 氏

「高大接続改革実行プラン」が策定され、思考力等、主体性等の真の学力の育成が求められています。3マネジメントポリシーの中、特にアドミッションポリシーは、3月に14の事例集が公表されました。学生の視点で、高校の時の学習、活動と、選抜方法別に、大学での主体性の促進などを様々な大学の1万人以上のIRデータから考えます。

No.11高大接続・アクティブ・ラーニング

大学が知るべき高校におけるアクティブ・ラーニングの取り組み

リクルート 「キャリアガイダンス」編集長
山下 真司 氏

アクティブ・ラーニングという言葉は全国的に急速な広がりをみせ、大学と同様に高校においてもアクティブ・ラーニングの導入を検討し、実践的な取り組みが始まっています。その現状と高校が求める大学の姿とは何かを、全国の高校で取材・ご講演されているリクルート『キャリアガイダンス』山下編集長にお話しいただきます。

No.12最新技術・BYOD

授業で使えるクラウド&モバイルデバイス
〜これからのICT学習環境はこうなる〜

株式会社内田洋行

大学においても急速に導入が進みつつあるクラウドサービスと、今やほぼ100%の学生が所有しているスマートフォンなどのモバイルデバイス。これらを授業で有効活用して行くためにはどうすればよいか、何を検討すべきか。最新ソリューションの活用方法をご紹介します。

このセミナーは満員につきお申し込みを締め切りました。

No.14ここまで進む!! 教育の情報化
私立学校編 ②

リアル アクティブ・ラーニング!
〜現場実践者による授業事例のご紹介〜

和洋九段女子中学校・高等学校
水野 修 氏

2014年に新たに構築した「フューチャールーム」。この教室は、ICT環境を備えたレイアウトフリーな学習空間であり、生徒主体のグループ型・プロジェクト型の授業を実現しています。本セミナーでは、教室環境のご紹介と活用事例を中心にお話しします。

1人1台タブレット環境の構築
〜スタート編〜

学校法人大妻学院 大妻中野高等学校
髙村 亮 氏

3年前から全教室に電子黒板を設置し、ICT教育を実践されている大妻中野高等学校。今年度よりタブレットを導入し、さらに来年度からは1人1台タブレット環境をスタートします。導入の概要や現在の実践事例、展望についてお話しします。

  【第二回】見学会(17:40〜18:10)・情報交換会(17:40~19:00)

セミナープログラム:11月19日(木)

[ セミナーの詳細を見る ▼ ]

11:00
-
12:00

No.15最新技術
〈クラウド〉

最新クラウド活用事例のご紹介
〜大学様でのクラウド活用実践事例を中心に〜

富士通株式会社 サービス&システムビジネス推進本部 東日本サービス&システムビジネス統括部 首都圏ビジネス部 マネージャー
三苫 竹臣 氏

大学経営における取り巻く環境の変化、情報通信技術の進歩などにより、クラウドを活用した事例が年々増加しております。本セミナーでは、富士通のクラウドへの取り組みと大学様でのクラウドを活用した導入事例を中心にご紹介します。

No.16省エネ・ファシリティ管理

大学経営に寄与する最新のファシリティ管理と快適な学習空間の作り方

株式会社内田洋行

大学経営のテーマのなかでも、いかに運営コストを下げ、学生にとっての“良い大学”を実現するかが共通する課題かと思います。本セミナーでは、運営コストのうち、機器・設備管理コストとエネルギーコストを低減させ、同時に「“良い大学”=学びの場として学業に専念できる環境づくり」を、ITを使って実現するためのご提案をします。

No.17セキュリティ

情報漏えい対策待ったなし! 大学を守るセキュリティとITコンプライアンス支援ソリューション

株式会社内田洋行

標的型攻撃による個人情報漏えいが社会問題となり、個人番号(マイナンバー)制度導入も間近に迫った今、PCやタブレット端末、ソフトウェア等を対象としたセキュリティ対策の重要性が高まっています。本セミナーでは、大学・教育機関におけるセキュリティやコンプライアンス対策についての事例やソリューションを解説します。

  昼食・展示
13:10
-
14:10

No.18マイナンバー

マイナンバー制度導入に向けた大学への影響
〜大学運営への影響とその対策について〜

株式会社内田洋行

2015年10月、マイナンバーの通知が開始され、限られた時間の中でマイナンバー制度に対応しなければなりません。その影響は、通常業務に留まらず、不正な個人番号の取得や利用が発生しないように、収集・保管に対するリスク対応が極めて重要になります。本セミナーでは、制度導入前後に備えるべき留意点をご説明します。

No.19最新技術

学習院大学における管理者満足度88%のシステム構築とは
〜利用者満足度99%のITシステム〜

学習院大学 計算機センター 助教
城所 弘泰 氏

2015年4月、学習院大学は全学の教育・研究系ITシステムのリプレイスを実施しました。管理者の立場と利用者の立場を高次元で融合させたより良い教育研究環境の実現を目指し、約13,000人の利用者、約3,500台の端末を有するITシステムのコンセプト作りから、導入・構築に至るドラマをお話します。

No.20グローバル

アジア圏における英語教育について
〜グローバル人材の現状〜

東洋英和女学院大学 国際社会学部 国際コミュニケーション学科 教授
竹下 裕子 氏
英会話学校QQイングリッシュ 理事長
藤岡 頼光 氏

経済成長著しいアジア圏、「グローバル化」に対応すべく各国では英語教育を中心に「グローバル人材」育成を急務としております。本セミナーでは、「アジア圏における英語教育の現状」について「教育」「企業」のそれぞれの観点からお話しをいただきます。

 

【第一回】見学会(14:20〜14:50)・ 展示

「第一回見学会」は満員につきお申し込みを締め切りました。
フューチャークラスルームを含む見学可能フロア、展示会場はご自由に見学いただけます。
ご見学を希望される方は、当日フロア係員にお声掛けください。

15:00
-
16:00

No.21アクティブ・ラーニング
〈空間〉

大学生、常識の壁をぶち壊せ!
〜新しいキャンパス創り2016〜

パワープレイス株式会社 常務取締役
濱村 道治 氏

社会環境の変化が激しい現代、今に生きる大学生は常に常識を取り払い、ゼロベースで思考する高い意識を持つべきだと考えます。そのためには、大学生にとって「主体性」と「多様性」を伸ばす創造的な環境創りが重要です。最近の大学での「学びの場創り」の事例を、空間設計、運用計画、調査分析を交えてご紹介します。

No.22大学経営
〈設置認可〉

学部・研究科等の組織改編等に係る手続きと審査の観点・留意点

一般財団法人日本開発構想研究所 高等教育研究部 副主幹研究員
山田 直彦 氏

学生獲得競争の激化や定員超過率管理の厳格化を見据え、既設の学部・研究科等の組織改編や定員の増減あるいは新たな学部・研究科等の設置を検討する大学が増えています。組織改編等に必要な申請や届出に係る手続きについて説明するとともに、申請や届出に係る審査の観点及び留意点等について解説していただきます。

No.23グローバル
〈語学 アクティブ・ラーニング〉

語学学習×ActiveLearning
〜あの大学の設備と運用を徹底調査〜

株式会社内田洋行

グローバル化の進展に伴い、新しい学習環境を整備する大学が増えています。本セミナーでは、複数の大学の取り組みから、効果的な語学学習システムを実現している事例をご紹介すると共にCALLやe-Learning、スマートデバイス等のICT活用に加え、学習環境づくりのアイデアをご提案します。

  展示
16:30
-
17:30

No.24最新技術

新たな学習スタイルにおけるGoogle製品の活用

グーグル株式会社 Google for Education 日本統括責任者
菊池 裕史 氏

近年、21世紀型スキルや反転学習など、学校教育を巡る新たなキーワードが登場しています。これらの新しい学習方法の中でGoogle製品を最大限活用する方法を本セミナーではご紹介します。

No.25図書館
〈ラーニング・コモンズ〉

学生の自律的な学びをサポートするラーニング・コモンズ型新図書館
〜新しい図書館のあり方、その機能と効果〜

明治学院大学 国際学部 教授 図書館長 情報センター長
秋月 望 氏

明治学院大学横浜図書館は、2015年春のリニューアルにて、3ヶ月で入館者10万名に達し、大幅に利用者が増加しています。ICTを活用したグループワークを行うアクティブコモンズ、本との出会いを生み出すブックスケープ等、様々な機能と効果をご紹介いただくと共に、新しい図書館の方向性についてお話しいただきます。

No.26グローバル

グローバル化する社会で求められる英語力とは
〜キーワードは4技能〜

文部科学省 初等中等教育局 国際教育課 英語教育改革プロジェクトマネージャー
葛城 崇 氏

楽天株式会社における社員全員の英語力を上げる取組事例やグローバル化する社会で求められる英語力についてご紹介させていただきます。また、現在文部科学省で推進している大学入試改革を含む英語教育改革の背景や方向性についてもお話しいただきます。

  【第二回】見学会(17:40〜18:10)・情報交換会(17:40~19:00)

展示:11月18日(水)・11月19日(木)10:30〜18:00

アクティブ・ラーニング

  • Google Chrome端末とソリューション
  • Chromeソリューション「AccessNow」
  • HP、Lenovoなど、Windowsタブレットの比較紹介
  • 高輝度短焦点プロジェクタ「WUX400ST」
  • 70インチ電子黒板・タブレット連携「xSync」
  • ペーパレス会議 / 協働プレゼンツール「ActiveWebPresentation」
  • 書いたものが即時にデジタル化「Neo smartpen N2」
  • タブレット学習支援システム「LearningCANVAS」
  • 参加型授業支援ツール「EduClickHE」
  • HDMI対応AVスイッチャー「UbiqPANEL Light」
  • アクティブ・ラーニング対応「nodeチェア」
  • 無線対応プレゼンテーション用機器「ClickShare」
  • 世界シェアNo.1多機能電子ボード「SMART Board」

キャリア教育

  • ICT教育とキャリア教育プログラム
  • ポートフォリオ、PBL支援、LMSソリューション

経費節減

  • メンテナンスバリアフリー設計A3カラー複合機 「MC883dnwv」
  • 新プリントサービス「エプソンのスマートチャージ」
  • 自動紙折機・コレータ「カウントロンシリーズ」
  • LEDソリューション

事務・学生サービス

  • Webアプリケーション型カード発行管理システム「CIMSA」
  • 証明書自動発行システム「新パピルスメイト」
  • 卒業生証明書管理システム「PAPYRUS_Doc」
  • IT資産管理システム「ASSETBASE PCスキャン」
  • ソフトウェア配布提供システム「Download Station」
  • MDMソリューション「Optimal Biz」
  • 大学向け文書管理システム「e-ActiveStaff文書管理システム」
  • ICカード対応収納システム「SECURAGE」
  • IT図書館システム「ULiUS&ユビキタスインフォメーションシステム」
  • 会議室運用システム「SmartRooms」
  • 校務支援システム「スコーレV2」

語学・グローバル

  • CALLシステム「PC@LL」
  • 英語e-learningシステム「ATR CALL BRIX」
  • 英語学習支援ソフト「英文速読MagicShower」
  • オンライン英会話ソリューション

最新技術

  • 最新のICT教育のためのICT基盤技術「CO-CONVソリューション」
  • 手軽に翻訳を支援するクラウドサービス「スキャン翻訳サービス」
  • 大型ディスプレイタブレット端末「Surface Hub」
  • 実習・面接支援ツール「PF-NOTE」
  • 講義収録・動画コンテンツ配信システム「Cbox」
  • プレゼンテーション支援ツール「wivia4」
  • TV会議システム「Vidyo」
  • エンタープライズサーチエンジン「SMART/InSight」
  • 情報教室AV機器制御携帯端末「codemari」

展示企業一覧(五十音順)

株式会社インフィニテック/ウチダエスコ株式会社/株式会社ウチダ人材開発センタ/株式会社ウチダテクノ/株式会社内田洋行/エプソン販売株式会社/株式会社沖データ/株式会社オプティム/キヤノンマーケティングジャパン株式会社/株式会社シー・オー・コンヴ/株式会社SIGEL/シネックスインフォテック株式会社/ソフトバンクコマース&サービス株式会社/ダイワボウ情報システム株式会社/日本マイクロソフト株式会社/NeoLAB株式会社/パイオニアVC株式会社/富士ゼロックス東京株式会社/富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

見学会:11月18日(水)・11月19日(木) 【第一回】14:20〜14:50 【第二回】17:40〜18:10

フューチャークラスルーム® 及び 新川第2オフィス

フューチャークラスルーム®

「フューチャークラスルーム®」は、各種教育機関との研究活動の成果をベースに構築した、より効果的な学習を目的とした「未来の学習空間」です。フレキシブルな空間と最新機器で実現する授業をご体感いただけます。

また、2012年4月にオープンした新川第2オフィスでは、「新しい働き方のスタイル」を実践しております。いま、どのような働き方や働く場が求められているのか。新しいオフィスでの私たちの取り組みをぜひ実際にご覧ください。

※事前申し込み制になります。

18日(水)19日(木)とも、「第一回見学会」は満員につきお申し込みを締め切りました。フューチャークラスルームを含む見学可能フロア、展示会場はご自由に見学いただけます。ご見学を希望される方は、当日フロア係員にお声掛けください。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせはこちらまで