プレスリリース
[プレスリリースの内容について]
プレスリリースに記載されている内容は発表時現在のものです。内容に関してはその後予告なく変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。


G027
平成13年4月26日

デジタルカメラと顕微鏡を一体化した新世代タイプ
ウチダ デジタル顕微鏡シリーズ新発売
便利な日本語ソフト付現


デジタル顕微鏡シリーズ
<デジタル生物顕微鏡>

内田洋行は、全国の学校向けに顕微鏡画像が簡単にコンピュータやテレビ画面上に映し出 せるデジタルカメラ内蔵の顕微鏡「ウチダ デジタル顕微鏡」を5月1日より新発売いた します。

ウチダデジタル顕微鏡は、1台で顕微鏡としてだけでなく、画像取り込み装置、顕微鏡テ レビ装置としても利用できます。また、顕微鏡にデジタルカメラを内蔵しておりカメラの 取付け、調整などは不要、コンピュータとの接続もUSBで簡単に行えます。さらにコン ピュータへの取り込み、測定、編集、加工など自由に行える日本語ソフトも搭載されてい ます。

シリーズとしては、デジタル生物顕微鏡2機種、デジタル双眼実体顕微鏡5機種の7種が 用意されており、用途に応じて選択できます。価格も8万8千円よりと低価格に抑えてお り学校などで購入しやすい価格帯となっています。
内田洋行では、小・中学校、高校を対象として販売活動を展開して行きます。



【主な特長】
●本体はJIS規格レンズを使用した高性能な顕微鏡ですから、コンピュータ、テレビのモニター画像が鮮明に表示されます。

●簡単に顕微鏡画像をコンピュータへ取り込めます。デジタルカメラ内蔵型ですので、接続も簡単でカメラの取付けなど調整も不要です。

●リアルタイムにモニターに表示される画像を動画、静止画、コマ撮りで取り込むことができます。取り込んだ画像は、付属のソフトで編集、加工、管理が行えます。

●LANやインターネットでの画像データの共有・交換が可能ですから、離れた場所での観察も可能となります。
 

【便利なソフト】
@3種類の取り込み方法
  静止画:いくつかの試料を取り込みモニター上で比較が可能です
コマ撮り:設定した時間間隔で記録が可能、卵の孵化などの変化の様子が記録できます
動画:取り込んだ動画はメディアプレイヤーで再生できます

 A多彩な編集機能
  長さの測定:取り込んだ画像から試料の長さ、面積の測定が可能です
プレビュー:プレビュー表示ができますので、保存した画像の整理、読み出しに便利
合成:いくつかの画像を重ね合わせることもできます
録音:静止画(MIG形式)に音声録音が可能、音声説明付の観察画像がつくれます
テキスト入力:画像内に名称や説明などを書き込むことができます

※動作環境:Windows98,Windows2000以上,CPU PentiumII 300MHz以上 CD-ROMドライブ USB端子必須


【発売日】 平成13年5月1日

【販売目標】 初年度 1000台

【販売対象】 全国の小学校、中学校および高校

【価格】 デジタル生物顕微鏡 ¥98,000〜148,000
      デジタル双眼実体顕微鏡 ¥88,000〜248,000



この件に関するお問い合わせ先
メールにてお問い合わせください。

ニュースリリーストップページへ内田洋行ホームへ

(C) Uchida Yoko Co., Ltd. All rights reserved.