文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 食品業の導入事例 > 米菓製造・販売:ぼんち株式会社

ERP/基幹業務システム スーパーカクテルシリーズ 豊富な導入実績。日本企業のベストプラクティスを集約。

  • ERP/基幹業務システム HOME
  • スーパーカクテルの特長
  • 経営課題はこれで解決!
  • 製品情報
  • お客様導入事例

お客様導入事例米菓製造・販売業×パッケージシステム(生産・販売・会計 等)

スーパーカクテル導入事例レポート|米菓製造・販売業 ぼんち株式会社様(大阪府大阪市)

部分最適から全体最適へ。
情報一元化によるコスト削減とトレーサビリティの徹底による安全確保を実現。

1931(昭和6)年5月に創業し、2013年には創業82年目を迎えるぼんち株式会社様。戦後、関西ではあまり馴染みのなかった、うるち米を原料とするおせんべいやあられの製造・販売をいち早く開始。以降、ロングセラー商品「ぼんち揚」を核に米菓、スナック類を製造・販売しています。
そのような同社では、「2016年6月を目処に売上げ100億円の大台に乗せる」(遠藤純民社長)ことを目指し、主要7品のエリア別販売シェアの拡大、駅売店やおつまみ市場など新規チャネル向け提案商品、コラボ商品の開発に取り組んでいます。しかし、従来のオフコンでは、全社レベルでの情報共有や一元管理ができず、適切な需給調整や判断が困難でした。データ収集・管理も属人的で、システム部のメンバーのみが対応できるため、情報収集や加工に時間がかかっていました。また、使用原料のトレーサビリティ対応や受発注業務の効率化も求められ、全社最適を目指したシステム構築が急務となっていました。そこで、導入されたのが「スーパーカクテルデュオFOODs」です。
導入システム スーパーカクテルデュオ FOODs
スーパーカクテルデュオ会計
対象業務 販売管理、購買管理、在庫管理、生産管理、原価管理、会計管理
ソリューションパートナー 株式会社内田洋行
導入前の状況     |     選定の理由     |     導入プロジェクト     |     導入効果     |     今後の展望
課題と導入効果
課題

オフコン時代は東と西とでデータが分かれてしまい、全社レベルでの在庫数量の情報共有や受給調整等が困難だった。

データ収集・加工が属人的で手間がかかっていた。

導入効果

生産・販売・会計等の情報を一元化し、業務を標準化させることで、コスト削減へつながった。

使用原材料のトレーサビリティを徹底し、さらなる安全安心な生産体制を実現した。

ExcelやCSV、PDF等、様々な形式でのデータ抽出が容易に可能となり、より効率的で素早いデータ分析を実現した。

導入システムの詳しいご案内資料を差し上げます
スーパーカクテルデュオFOODs導入事例
ぼんち株式会社様
(PDF版/776KB)
↑ページのトップに戻る

「全社で統一したシステムを構築したい」

遠藤純民社長 永野俊二様 竹馬治郎氏銅像
(写真左から)
遠藤 純民社長、執行役員 永野 俊二SCM部長様
銅像は創業者の竹馬治郎氏
主要7製品
同社の主要7製品。下段中央が社名にもなっている「ぼんち揚げ」。「ぼんち揚げ」の名前の由来は、作家・山崎豊子の「大阪もの」シリーズの一つであるベストセラー小説「ぼんち」から。“ ぼんち” とは、「根性がすわり、地に足がついたスケールの大きな“ ぼんぼん”」。例え放蕩を重ねても、びしりと帖尻の合った遊び方をする男が《ぼんち》である
スーパーカクテルの導入前に使用されていたのはオフコン。
オフコン時代は、東と西とサーバーが分かれていたため、データも一元管理できておらず、全社での一元的な情報管理・共有が困難でした。
受注業務も神戸と東京とで分かれて業務を行っていたため、全社での在庫数量や受注数量の把握が難しく、適切な需給調整がなかなかできない状態となっていました。
他にも、東京工場と神戸工場が同じ仕入先から揚油を購入しているが、単価が異なっていたことが発覚する等、全社で購買価格が適切かどうか検証しきれていないという課題もあり、全社で統一したシステムを構築することが急務となっていました。 一方、従来のオフコンでは、日々変化する社会や現場の要求に対応しきれなくなっていました。
データの抽出においても、システム部門のメンバーしか対応できず、営業部門からの依頼でデータの収集・加工を行う際にも、限られたメンバーで対応するため、時間と手間がかかっていました。
2002年頃からは社会的に食品のトレーサビリティが厳しく求められるようになり、従来のシステムを見直すきっかけにもつながりました。 「2002年頃から、食品のトレーサビリティ、ISO・HACCP取得が社会的に求められるようになった。
従来のオフコンでも多少は対応できていたが、より確実なトレーサビリティの仕組みを構築するため、遠藤社長(当時専務)や竹馬会長が中心となり、ロット管理できる生産管理システム導入の検討を始めた。」(執行役員永野俊二SCM部長様)
↑ページのトップに戻る

「パッケージシステムによる業務の標準化・省力化の実現」

システム選定に際してのポイントを伺いました。

◆コスト削減への取り組み

 (1)請求書や帳票での紙出力抑制(電子帳票保管)
(2)印刷用紙(請求書等の印刷物)からコピー用紙へのコスト削減
(3)営業管理資料作成での時間的工数の削減

◆SCM(生販在システム)構築による在庫削減

 (1)販売計画から生産計画、物流在庫指示による在庫統制
(2)物流会社への出荷指示、実績受信による出荷ロット管理
(3)販売計画からの生産・在庫計画統制への実現

◆全社標準での業務統一

 (1)コード体系、管理資料統一での全社標準化
(2)内部取引に関する事務手続きの簡素化
(3)営業管理セグメント項目による業務分析

「生産管理システムを検討するに際して、内田洋行も含めて数社候補に挙がっていた。しかし、内田洋行のスーパーカクテルデュオFOODs一番食品業界の生産管理業務に対応できているのではないかと評価し、2005年に導入することとなった。また、内田洋行とはオフコン時代から付き合いがあり、当社の業務内容を一番よく理解していることも決め手の一つとなった。」(永野様)
↑ページのトップに戻る

「業務改善を伴った、システム導入プロジェクトの実践」

5パックぼんち揚
5パックぼんち揚 ぼんち揚が1 口サイズで5 パック入! 持ち歩けるサイズなので、外出時のおやつにもぴったりです。
全社で統一したシステムの構築を急務とする同社は、まずは、統一システム構築の足掛かりとして、東西に分かれていたサーバーを神戸に集約。しかし、同一サーバー上でもシステムは東と西とでライブラリを分けていたため、完全な統一化はできていませんでした。そこで、神戸と東京とで分かれていた受注センターを神戸工場に集約し、受注情報を共有できる仕組みを整えました。
「スーパーカクテルの販売管理システムを導入することは決まっていたが、その前に受注センターを一本化する等、業務改善に取り組み、その1年後からスーパーカクテルを導入した。」(永野様)
また、手書きや手入力、重複資料の作成業務等を見直すことで、徹底的な業務効率化と省力化を図りました。販売・購買・在庫・生産・原価・会計全てをスーパーカクテルシリーズで統一することで、従来は分断されていた販売データと会計データがシームレスに連携できています。
↑ページのトップに戻る

「部分最適から全社最適へ」

オフコン時代と比較した、スーパーカクテル導入のメリットを伺いました。
(1) 3工場(神戸工場・東京工場・山形工場)の全社最適システムの実現
神戸工場・東京工場・山形工場でのシステムを共通化することで、全社標準で業務を統一し、全社最適を実現しました。その結果、工場の半製品・製品在庫状態が可視化でき、生産計画判断の迅速化、安全在庫数の低減、生産や発注情報も共有化できています。オフコン時代は在庫が合わないことが日常茶飯事でしたが、今は物流業務の委託先から日々届く配送データと在庫表とを照らし合わせて、誤配、未配も簡単に確認でき、顧客からのお問合せにも迅速に対応する仕組みを整えることができています。
「スーパーカクテルは1次引当てを確認できないと出荷できないので、在庫の確認に役立つ。スーパーカクテルデュオ会計を連携させ棚卸や月次処理、請求書発行など大幅な時間短縮ができた。1つのデータを入力することで全データに反映され、無駄が減った。」(永野様)
また、全社で業務を標準化したことにより、今まで手作業で行っていた原価計算作業の工数削減につながっただけでなく、在庫の確認、生産計画、生産指示、実績把握等での作業時間の基準工数を削減でき、全社的なコスト削減につながりました。
(2) ロット管理・賞味期限管理の強化(トレーサビリティ)
原材料入荷時のロット入力、使用原材料のロット管理を実施し、安全/ 安心を実現するためのトリーサビリティをより強化することができています。BSE発生後03年に牛トレーサビリティ法が施行されましたが、後に事故米の流通問題で、米もトレーサビリティ法が施行され消費者向けに産地表示も義務化されました。
米菓は、水分調整が製品化のノウハウで、“ 蒸米・成形・切断・乾燥・焼き又揚げ” の各工程で、水分量が微妙に変化する特性があり、膨れや割れはクレームにつながる可能性もあります。しかし、米菓は、原料から製品まで仕込みに時間がかかり、トレーサビリティには製品になるまで最低でも1週間の生産工程が必要となります。これを紙ベースの帳票で対応するのは至難の技です。しかし、09年に米トレーサビリティ法が施行された時には、同社は「すでにシステム対応出来ており、移行時に混乱はなかった」(遠藤社長)と当時を振り返っています。今は仮にクレームがあっても、スーパーカクテルを利用した回収プログラムにより、素早く正確なロット回収が可能です。
(3) システム導入によるリアルタイム在庫管理の実現と原価管理の迅速化
リアルタイムに在庫情報を把握できるだけでなく、半製品・製品の品質保持期間を考慮したロット別在庫管理も可能となるため、顧客の要望により細かくきめ細やかに対応する仕組みを整えることができています。
これにより、営業は、支給されたPCにて、出先等あらゆる場所・場面で、工場在庫や売上データをリアルタイムで確認が可能です。見積書や必要書類も、ゼロベースで作らなくても、共通のフォーマットを活用でき、書類作成の時間と手間の短縮を実現しました。また、帳票類はExcel、PDF、CSV で抽出でき自由に加工できるため、システム部の担当者が夜中までかけて営業支援データを作成することもなくなり、効率化につながっています。
また、生産管理システムと原価管理システムの連携により、従来のExcelによる手作業と比較し、製品原価の精査・確定までをより素早く実現できています。
↑ページのトップに戻る

新システムの概要図

ぼんち様のシステム概要図

導入システム  スーパーカクテルデュオ FOODs   スーパーカクテルデュオ 会計

「セキュリティをより強化し、全社で日々改善に取り組む」

同社では、基幹業務システムだけにとどまらない、全社システムの最適化を見据え、日々改善・強化すべき点を検討しています。
「今後はセキュリティのさらなる強化がテーマ。現状でも十分セキュリティを考慮したネットワークを構築しているが、個人個人がPCを利用し、外部からのデバイスの持ち込も増えている。さらなるコンプライアンス上の強化策として、外部からのCDやUSBメモリなどのデバイス使用制限。合わせて証跡管理(どの端末が何をしたか。しているか。)等々の、強化策を検討していきたい。」(永野様)
「2016年6月を目処に売上げ100億円の大台に乗せることをめざし、マーケティング・製品開発・営業とが協力し、同じベクトルを目指して取り組んでいくことが大切。いかに業務を効率化できるか、社内提案制度を導入している。社員からパートも含め、全ての従業員が参加し、今まで100件以上の案が出ており、費用対効果の見込める提案も出てきている。業務のさらなる効率化を全社で取り組んでいきたい。」(遠藤社長)

全社一丸となって、日々進化を目指すぼんち様。その土台を支えていくのが、スーパーカクテルです。

スーパーカクテルデュオFOODs導入事例
ぼんち株式会社様
(PDF版/776KB)
↑ページのトップに戻る

お客様プロフィール

2016年に売上100億円の大台を目指し、お客様に喜んでもらうための“一粒主義”を貫く

1931(昭和6)年5月に創業し、2013年には創業82年目を迎えるぼんち株式会社様。戦後、関西ではあまり馴染みのなかった、うるち米を原料とするおせんべいやあられの製造・販売をいち早く開始。以降、ロングセラー商品「ぼんち揚」を核に米菓、スナック類を製造・販売しています。同社は“「創る」心。” を社是に掲げ、「安全で安心して食して頂けるおいしい商品」を目指し「お客様に喜んでもらうため」に原料の米一粒一粒に気を配る「一粒主義」を貫いています。最良の米菓生地を円滑に調達するため、米どころである山形に東北ぼんち製菓株式会社を設立し、焼き製品・揚げ製品それぞれの生地を加工工場に供給する合理的な生産体制を要しています。
企業名 ぼんち株式会社
代 表 者 代表取締役 社長 遠藤 純民
資 本 金 1億6千万円
年 商 約89億円
創 業 昭和6年5月
設 立 昭和27年7月
従業員数 243名(パート社員を含む)
事業内容 米菓(あられ・おせんべい)、スナック菓子製造販売
U R L http://www.bonchicorp.co.jp/
[ 2013年10月取材 ]
導入システムの詳しいご案内資料を差し上げます


導入した製品・ソリューション
食品業向けERPパッケージ「スーパーカクテルデュオFOODs」
食品製造業・加工業、食品卸に特化したERPパッケージ/基幹業務システムです。生産から販売まで、製販一体型の業態に最適。賞味期限管理やEOS(オンライン受発注システム)、指定伝票発行など、食品業の商習慣や取引形態に対応した豊富な機能が満載です。
会計パッケージ 「スーパーカクテルデュオ会計」
財務会計業務の効率化だけでなく、プロジェクトや任意のセグメントによる損益管理、仮想部門体系による損益シミュレーションなど経営判断に直結する情報をリアルタイムで活用可能。スーパーカクテルデュオ販売と連携し、トータルの業務効率化を実現します。.NETに対応。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.