特集

「場と街づくり変革」実現に向けて

内田洋行は、地域・企業・自治体・行政の人々と地域の活性化に取組んでいます

子育て支援と学び拠点 山形県「高畠町立図書館」と「高畠町立屋内遊戯場-もっくる-」

山形県・高畠町は、古くから、豊かな自然環境、農林畜産物、交通の要所として繁栄してきました。近年、人口の都市部への流出がすすみ、地域経済も分断してしまいました。今回、地域の可能性を見直し、地域活性化の拠点づくりのプロジェクトとして「高畠町立図書館」「高畠町立屋内遊戯場-もっくる-」がスタート。オープン1ヶ月で2万人の来場者があり、高畠町だけでなく山形県内外からも足を運ばれています。

パワープレイスでは、2つの施設の建築設計・工事監理・内装設計・家具や遊具の開発・地域の木材の流通マネジメントなど難易度が高いプロジェクトを担当。内田洋行は図書館システムや木育の造作家具等を担当しました。

中学校の体育館をリノベーションした高畠町立屋内遊戯場 –もっくる-

地域コミュニティの多様な人が支え合ってきた高畠町。高畠町の学校、商店、行政など地域全体で子育て支援をする役割を担う施設としてワークショップなどで検討を重ねて設計を行いました。床暖房を完備した2歳児までの乳児専用の木育広場、約5,000個の木製ボールを入れた巨大プールなど、高畠町出身の童話作家・浜田広介の物語をモチーフにした木質空間の遊び場があります。

高畠町立屋内遊戯場 –もっくる-
高畠町出身の童話作家・浜田広介の物語をモチーフにした台所コーナー
高畠町出身の童話作家・浜田広介の物語をモチーフにした台所コーナー

高畠町立図書館

雪、水、田畑、里。縄文時代から続く高畠町の豊かな自然の風景に溶け込み、集まる人達を迎え入れる母屋のような図書館を目指し設計を行いました。内装は高畠町産杉材と高畠石の素材を採用し、木材は変色や節なども内装利用として工夫した事で、地元産の木材を99%活用しています。書架には約10万冊が収納されており、ICタグによる自動貸し出し機を導入しています。飲食しながら読書できる閲覧室、舞台にもなる展示室、読み聞かせ部屋や授乳室も完備されています。

高畠町立図書館

木材を活用した公共建築設計について

公共施設に地元産木材を使おうとしても、製材や乾燥、加工などの期間を考慮すると、建設当該年度の伐採では間に合わないという課題がありました。高畠町では設計段階から木材を準備し、工事業者に材料を支給する分離発注形式をとる事で地元産材活用を実現しました。

中学校の体育館をリノベーション
中学校の体育館をリノベーション

防災を意識した仮想化統合基盤等構築事業 兵庫県姫路市様

市庁舎防災センターを拠点とした業務継続性の確保と、住民情報利用環境保全のため大規模災害や事故に強く、バックアップ体制も整えた情報システム環境の構築を実現。姫路市では、平成26年に策定した情報システム最適化計画に基づき、仮想化技術で構築された統合基盤を整備し、大型汎用機で稼働している基幹系業務システムを、順次、再構築するシステム最適化に取り組んでいます。令和元年度には、内部事務系システム基盤も構築することで、行政経営における情報資産管理の強化に取り組んでいます。

内田洋行の取組み

内田洋行では自治体、教育機関や多くの民間企業で仮想化統合基盤の構築実績を持っており、マイクロソフト社製品を使った構築と運用においても大規模団体において実績を有しています。本事業では、約60台の仮想サーバと、延べ850台の仮想デスクトップ環境を統合基盤上に集約し、業務サーバからシステム管理のサーバまでを統合的に管理・運用する環境を構築しました。仮想デスクトップの利用は、基幹系端末だけでなく情報系端末からも利用することができ、二要素認証と暗号化通信によりセキュリティを高めています。災害時や障害などに対する安全面を考慮して、外部データセンターに仮想化統合基盤を構築することで強化を図るとともに、仮にデータセンターとの回線が切れてしまったとしても、本庁舎に設置している住民基本台帳システムの複製を用いて業務が継続できる環境を整えるなど、ICTBCP対策についても実現しています。本事業実施後も姫路市全職員対象とした生体認証(顔認証)システムの整備をはじめ、「自治体情報システム強靭性向上モデル」及び「自治体情報セキュリティクラウド」への対応支援も実施しています。ICTの技術は、持続的な行政サービスの継続と住民サービスを向上していくうえで必要不可欠なツールであり、行政経営全体を支える仕組みでもあるため、技術面・サポート面でのサービス向上に取り組み、継続的なシステムの安定運用に貢献しています。

市庁舎防災センターを拠点とした基幹情報システム基盤
市庁舎防災センターを拠点とした基幹情報システム基盤

CSR活動に関するお問い合わせ先

株式会社内田洋行 広報部
〒104-8282 東京都中央区新川2-4-7
TEL:03-3555-4072 FAX:03-3555-4620