HOME > 社内データにダイレクトアクセス「DirectPOD」

iPadで社内データに直接アクセス 既存社内サーバーのデータをiPadで有効活用「DirectPOD(ダイレクト・ポッド)」

  • DirectPODの特長
  • DirectPODの機能
  • システム要件

社内データをiPadで有効活用

DirectPODは、社内のさまざまなデータストレージに外出先からiPadでアクセスすることを可能にするスマートデバイスソリューションです。

  • 社内の既存システムをそのままクラウド化

    iPadから既存社内サーバーや自席のパソコンにアクセスするのに、新たなデータストレージを用意する必要はありません。

    詳細をみる

  • iPadの利用用途を拡大

    外出先や社内の会議室からいつも見ている社内データにアクセスできるので、iPadの利用用途がさらに広がります。

    詳細をみる

社内の既存システムをそのままクラウド化

社内にあるファイルサーバー、FTPサーバー、自席のパソコンに、DirectPODサーバー経由でアクセスできるので、新たにデータストレージを用意する必要はありません。

DirectPODの強み

  • 高セキュリティ

    セキュリティ管理、容量管理は既存設定のまま利用可能。セキュリティレベルをさげる必要がないため、安全に使用できます。

  • サーバー構築不要

    新しいファイルサーバーを構築したり、特定フォルダにデータを置く必要はありません。コスト・時間をかけることなく導入できます。

  • ファイル転送不要

    iPadへ事前にファイルを送る準備は不要です。転送もれにより、会議に支障をきたすようなことはもうありません。

  • ユーザー管理不要

    ActiveDirectoryと連携すれば、ユーザー管理もほぼ不要です。導入担当者様の手間を大きく削減できます。

iPadの利用用途を拡大

iPadで外出先または社内の会議室から、安全に社内のデータへアクセスできるので、ビジネスにおいてiPadをさらに有効活用できます。

利用シーン

無線対応プレゼンテーション機器「wivia」と一緒に

無線でファイルを画面に投影

wivia専用アプリ「wiviaDocs」を利用することで、iPadに表示している画面をプロジェクターやディスプレイに表示することが可能です。

wiviaDocsの詳細はこちら

ご利用ユーザー様のメリット

  • いつものファイルが自席のパソコンから見るときと同様に見られる

  • ファイルの置き場はいつもの社内共有サーバーと自席のパソコン

  • iPadへファイルを送る事前準備は必要なし

  • 特定フォルダにデータを置く必要もなし

導入担当者様のメリット

  • iPadの利用用途拡大

  • 既存環境への影響度が少ない導入プロセス
    (iPadからのリモートアクセスと共有サーバーを切り離して管理)

  • BYOD導入への第一歩に

  • お問い合わせ・資料請求フォーム
  • 30日間無償体験版の申し込み まずは体験されたい方はこちらよりお申し込みください。
  • 商品カタログPDF 商品の単品カタログをご覧になりたい方はこちらでご確認ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

関連ソリューション