ロジスティクスフォーラム2012〜これからの物流改善で抑えないといけないこと〜

当セミナーは終了しました。
記載されている内容は発表時現在のものです。
内容に関してはその後予告なく変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

本セミナーに関連する製品・ソリューションのご案内
物流分析サービス
配車・配送計画支援システム 「簡易配車システム」
距離計算システム 「ACT距離計算パッケージ」
スーパーカクテル物流

〜これからの物流改善で抑えないといけないこと〜

本フォーラムでは「物流BCP対策」「物流コストの削減」と「物流サービスの効率化」をいかに実現するかに主眼をおいたセミナーをご用意致しました。
基調講演では、現状のロジスティクスにおける課題と解決方法の最新お客様事例を、セミナー I・IIでは様々なITを駆使した実例に基づくソリューションをご紹介致します。
是非とも本フォーラムにご参加頂き、貴社の経営力アップに繋げて頂きたいと存じます。

日時 平成24年6月6日(水)
13:30〜16:45(受付開始13:00)
会場 株式会社内田洋行 大阪支店
大阪市中央区和泉町2-2-2
定員 100名
費用 無料
主催株式会社内田洋行
13:00- 受付開始
13:30-14:45 基調講演 『常に変革とチャレンジに邁進する双子の物流センターオペレーション』
講師:
株式会社オートバックスセブン
流通管理部長 音松 博之 氏

カー用品国内トップシェアのオートバックスセブン。彼らのトップシェア獲得の背景には戦略的ロジスティクスへの取り組みにありました。
「カー用品」「車検・整備」「車販売・買取」の3本柱を支え、全国520店舗で構成される店舗運営。いかにスピーディーかつ効率的に商品供給体制を整えたのかを同社の流通管理部長であります音松博之様にご紹介頂きます。
また昨年の東日本大震災時にも途切れることなく商品供給をおこなったBCP対策やRFIDを活用した最新の物流情報システムについても併せてご紹介させていただきます。

15:00-15:45 セミナー1 『物流コスト分析をクラウド環境で -クラウド型物流分析サービスのご紹介-』
講師:
株式会社内田洋行 物流ソリューションチーム

ビジネスモデルがBtoBからBtoBtoCへ。ビジネスモデルの変化と共に物流コストも変化し、その把握がコストダウンのポイントとなります。
内田洋行の「クラウド型 物流分析サービス」は、物流コスト計算や物動量調査、生産性調査など、物流改善(物流コスト削減)に必要な分析データを直観的に把握できるクラウド型ツールです。データをインポートするだけで、レポートをグラフィカルに表示し物流コスト削減のポイントが分かります。本セミナーでは具体的な分析結果イメージと活用方法についてわかりやすく解説致します。

16:00-16:45 セミナー2 『輸配送計画システムとその実践事例のご紹介』
講師:
株式会社内田洋行 物流ソリューションチーム

BCP対策、少量多品種、納品サービスの多様化が輸配送にもたらす影響は様々です。弊社ではいかに輸配送の変化点をとらえ、サービスレベルの維持向上とコストセーブの両立を考えていくのかを輸配送計画システムを用いてご紹介いたします。
多数のお客様でのシステムの利用目的、達成結果をふまえてご紹介いたします。

セミナーに関するお問い合わせ

セミナーに関するお問い合わせはこちらまで

情報システム関連 セミナー・イベント情報