文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 食品業の導入事例 > 業務用食品卸売業:株式会社ハウディ

ERP/基幹業務システム スーパーカクテルシリーズ 豊富な導入実績。日本企業のベストプラクティスを集約。

  • ERP/基幹業務システム HOME
  • スーパーカクテルの特長
  • 経営課題はこれで解決!
  • 製品情報
  • お客様導入事例

お客様導入事例業務用食品卸売業×販売管理システム

IT活用で企業競争力を向上
ユーザー名 株式会社 ハウディ
http://www.howdy.co.jp/
業種 業務用食品卸売業
システム規模 LAN(サーバ×3、クライアント×60)
連携ソリューション VAN連携
ソリューションパートナー 西日本オフィスメーション株式会社
株式会社テクノ・カルチャー・システム
会社概要
所在地 :熊本県熊本市
年商 :約116億円
従業員数 :157名
営業拠点数 :2支店(福岡、鳥栖)

社屋外観

(株)ハウディ様では、創業50周年を迎えた2002年にスーパーカクテルにより、全拠点を結ぶ新基幹システムをスタートしました。営業・物流のIT化を推進し、『日々変化のある“食”文化に柔軟に対応する』と言う企業理念実現の一助として活用され、平成17年には第26回 食品産業優良企業等表彰にて食品流通部門、農林水産大臣賞を受賞されました。

トップダウンでIT化を推進

従来オフコンで運用されていた販売管理システムの後継をハウディ様がご検討されていた’99年当時、世の中は電子メールやインターネットの浸透などオープン化一色の趨勢でした。そのような環境の中、当時の社長(現会長)がトップダウンで社内のIT化推進を率先され、新販売管理システムについても当然オープンプラットフォームでの検討となりました。オフコンシステムの問題点は、1.誰もが触れるシステムではない。2.基幹システム以外にも浸透していくPC環境と融合しにくい。といった点でした。検討には「スーパーカクテル」の他にオープンパッケージを提案するベンダー、既存のオフコンシステムベンダーの移行提案と3つの選択肢がありましたが、オープン化の観点で2社に絞られ、最後は食品業界ノウハウへの期待と、連携する周辺商品の品揃えが豊富という2点からスーパーカクテルの採用となりました。

スーパーカクテル販売の選択と同時に、ハウディ様社内ではさらに積極的にIT化が進められました。「サイボウズ」を利用した社内グループウェアの導入、個人のパソコン購入への費用支援制度、パソコン関連資格取得費の全額支援、取得後の報奨制度などが主だったものです。

その効果があって、2001年11月には3.5人に1台であったパソコン2005年5月には1人1台の環境となり、従来のオフコン基幹システムでは端末専用デスクに端末があり必要な時にだけ座って処理をする「伝発専用機」でしたが現在では全社員がパソコンを活用しておられます。

「販売・流通・経営の合致体制」実現に向けて

社内の様子

新販売管理システムを導入するにあたってのハウディ様の理念は、「販売(営業部門)・流通(物流部門)・経営(経営幹部)の合致」をシステム上で実現することでした。つまり営業マンが販売しても商品がなければ、またあったとしてもお客様に納入ができなければ販売できない。経営幹部がその実態を正確に掴めなければ迅速な経営方針が打出せない。これらが一つのシステムで繋がり、数値で可視化できるようになり、全社員がシステムを通じて全体最適の実現に向けて社内業務改革を併せて行なっていくことでした。その最終到達目標は、将来の流通業のあるべき姿として掲げた「ムダ・ムラ・ムリをなくした経営効率の向上」でした。

あるべき流通業を一歩一歩実現

役員の写真
左から、松村課長様、富永常務取締役様、江崎主任様

新システムへの切替えは非常に困難でした。今までとは考え方の大きく異なるシステム導入となるため、より木目細かい管理レベルを目指していた在庫管理・出荷業務部分のシステム導入を中止しようかという意見もありました。しかし、流通業の要である「流通(在庫・出荷管理)」を実現しなければシステム導入が意味をなさない との富永常務様の信念のもと導入準備をすすめてこられました。まずは、全社員未体験のシステム内容となるため社内若手メンバーを中心にプロジェクトを立ち上げ、新システムに合わせた運用ルール作成に着手しました。これまでのシステムでは社員1人1人が全ての業務を知る必要なかったのですが、新システムでは業務全体が統合連携しており、全ての業務を把握しておく必要があることが一番苦労されたポイントだったとのこと。また、システム移行稼動の際も拠点毎に随時稼動していく導入方式を採用され、新システム稼動当初は全社員一丸となり連日深夜までの対応となりました。

苦労を重ねて導入したシステムですが、さまざまな効果が出始めています。食品を扱っておられるので賞味期限は厳粛に管理必要な「義務」であるのは勿論ですが、スーパーカクテルの機能を活用し、「有効賞味期限の管理で更なる安心の付加価値」を重視した在庫管理が行えるようになりました。受注商品が品切れの場合、営業マンが在庫状況をシステムで確認して原価・賞味期限を睨みながら替わりの商品をお客様にお勧めしたり、流通部門も厳格に賞味期限管理を行い、在庫及び出荷対応を実施、売れ筋・死に筋を把握できるようになったので不良在庫も圧縮されました。

また、従来までは熊本本社以外の流通拠点である鳥栖・福岡と情報の完全な一元管理が出来ていませんでしたが、現在はネットワークで接続し、全社一元の情報共有を図ることで更なる在庫圧縮・拠点間在庫融通が可能となり、顧客へのスピーディな対応の実現に繋がっています。松村課長様からは、「現在年商は増加しているが社員増なしで対応できるようになってきており、当初の目的は達した。」と評価されています。

システム構成

システム構成図

システム構成図
画像をクリックすると拡大してご覧になれます



導入した製品・ソリューション
販売管理システム「スーパーカクテル販売」
販売・在庫管理を中心に基幹業務の標準化を実現。業務効率化や品質向上に加え、現場の判断力を高め「在庫の適性化」「売上機会の損失防止」を強力に支援します。
カスタマイズ機能と、フレキシブルなシステム連携に優れ、「低コスト」「短期間」「高機能」でご導入いただけます。
エンタープライズグループウェア 「サイボウズガルーン 2」
企業の情報共有と情報活用を促進する顧客満足度No.1のエンタープライズグループウェアです。
利用者はもちろん管理者にも使いやすく、業務の「見える化」を推進。経営のPDCAサイクルを加速し、企業の成長を支援します。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

 

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.