文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 食品業の導入事例 > 外食産業(ファミリーレストランチェーン)

ERP/基幹業務システム スーパーカクテルシリーズ 豊富な導入実績。日本企業のベストプラクティスを集約。

  • ERP/基幹業務システム HOME
  • スーパーカクテルの特長
  • 経営課題はこれで解決!
  • 製品情報
  • お客様導入事例

お客様導入事例外食産業×基幹業務システム

スーパーカクテル導入事例レポート|外食産業(ファミリーレストランチェーン)

システム一元化、および食材の廃棄・ロス削減と品質向上を実現

外食産業(ファミリーレストランチェーン)C社様では、基幹業務システムに店舗管理と本部統計管理の2システムを外部連携し運用されていました。そのため、メニューや商品情報を各システムに登録する必要があり、店舗側でのシステム運用が負担になっていました。また、食材の発注手配がシステム化されておらず、オーダー漏れや発注オーバーによる廃棄・ロスも大きな課題でした。
そこで、基幹業務システムの再構築と同時にシステム統合を行い、さらにレシピ管理や店舗による食材の発注在庫管理を強化。食材の棚卸業務を負荷軽減し、自動発注による在庫ロス削減など実現しました。鮮度の高い食材を無駄なく使える仕組みをつくり、収益性やサービス品質の向上を支援することができました。
導入システム スーパーカクテルデュオFOODs(V6.0)
対象業務 販売・在庫・売掛・買掛・製造・原価・レシピ・店舗統計・店舗発注
ソリューションパートナー 株式会社オーユーシステム (http://www.ous.co.jp/)
課題と解決への取り組み
課題 システムが分散しており非効率
基幹業務・店舗管理・本部統計管理など複数システムに分散して運用。
メニューや商品情報を各システムに重複登録するため業務負荷が生じている。
システムのメンテナンスが煩雑。

店舗では食材の廃棄・ロスが発生。品質向上させたい
日々の棚卸業務や発注手配など手作業で、注文もカンに頼っている。
食材のオーダー漏れや、発注オーバーによる廃棄・ロスが発生。
解決策 分散しているシステムを統合して機能を強化
店舗管理と本部統計管理を基幹業務システムに統合して再構築。
商品マスタの一元化やレシピ管理など機能を強化。

食材の発注在庫管理を強化
自動補充発注や需要予測発注など、食材の発注をシステム化。
導入効果 本部・店舗における業務が効率化
システムの一元化により、データ集計や閲覧、システム運用など効率化。
定型外帳票作成のためのデータ活用が可能に。
商品情報やレシピの登録が簡素化、メニュー変更もスムーズに対応。

食材の廃棄・ロスが減り、サービス品質を向上
店舗における食材の棚卸業務や発注業務の負荷を軽減。
食材の自動発注で廃棄・ロスを削減、収益性の向上にも貢献。
鮮度の高い食材を無駄なくサービス提供できるようになった。
お客様プロフィール
業種 郊外型ファミリーレストランチェーン
年商 30億円
従業員数 約600名

導入した製品・ソリューション
「スーパーカクテルデュオFOODs」
食品製造業・加工業、食品卸に特化したERPパッケージ/基幹業務システムです。生産から販売まで、製販一体型の業態に最適。
賞味期限管理やEOS(オンライン受発注システム)、指定伝票発行など、食品業の商習慣や取引形態に対応した豊富な機能が満載です。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

 

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.