プレスリリース
[プレスリリースの内容について]
プレスリリースに記載されている内容は発表時現在のものです。内容に関してはその後予告なく変更されている場合もございますので、あらかじめご了承ください。


O072
平成17年6月1日

デザインと機能性を重視した
新作チェア「CN-2」を新発売


CN-2

株式会社内田洋行(本社:東京都中央区新川2-4-7 社長:向井 眞一)は、ITやブロードバンドの普及に伴う、オフィス内の長時間のPCワーク環境に対応し、デザインと機能性を兼ね備えた新作チェア「CN-2」を2005年5月21日から全国一斉に販売を開始します。

「CN-2」の特長として、デザイン面については、どんなデスクにも違和感の少ないグレーの背カバーと融合したツイン支柱を持つ存在感のあるバックスタイルのほか、脚部には欧州で主流の三角形の構造とするなど同クラスのチェアの中でも品質の高いデザインとしました。また、機能面については、このクラスでは初めて背のリクライニング(傾斜)を4段階の範囲で調整可能としました。
なお、設計デザインは、家具、インテリア、プロダクト、環境デザインなどで活躍中のデザイナー榎本文夫氏((*)プロフィールご参照)の手によるものです。

<「CN-2」の特長および概要>

■体格差・個人差に対応したユニバーサルデザイン
ユニバーサルデザインに基づいた高い調整機能により、体格差や姿勢の個人差に合わせたきめ細やかな対応性を備えています。 また操作レバーや調節つまみは座ったままで簡単に調整できるように設計されており、どなたでも快適な座り心地を楽しめます。

■リーズナブルな価格と豊富なオプション
高いデザイン性とワンランク上の機能性を備えながら、3万円台から選べるリーズナブルな価格を実現しました。 全て後付可能なオプションは、床に合わせて2タイプ(ナイロン、デザインゴム)のキャスター、肘もL型/リング/フルアジャスタブルの3タイプ、ジャケットハンガーもご用意しました。

■120mmという従来にないロングストロークの上下機構
最低座高を低く抑え、ロングストロークの上下調節範囲を実現。

■リクライニング範囲調節
背のリクライニングが4段階の範囲で調整可能。

■片手で簡単に操作できるリクライニング(傾斜)強度調整機構
体型や好みに応じて、背もたれのリクライニング強度の調整が可能。
ダイヤルは握りやすい形状。

■少ない力で簡単な操作のイージーオペレーション
操作レバー、ボタンは手の届きやすい座面裏に配置。

■環境対応
(1)分別設計:有害廃棄物の出ない製造方法を採るとともに、廃棄の際にも家庭にあるドライバー、ハンマーなどで素材別に分解可能
(2)再生PETクロス:再生PETボトルを再利用したポリエステルを使用(再生PET100%)
(3)素材表示:リサイクルしやすいように素材名を表示

■グリーン購入法基準適合商品

■シートタイプ
・6タイプ(布張りタイプミドルバック、布張りタイプハイバック、布張りタイプ・背 アッシュグレイミドルバック、布張りタイプ・背 アッシュグレイハイバック、ウレタンレザー張りタイプミドルバック、ウレタンレザー張りタイプハイバック)
・布張りタイプ:8色(ダークグレイ、アッシュグレイ、ブラウン、テラコッタ、ブルー、ダークブルー、リーフグリーン、レッド)
・布張りタイプ(背アッシュグレイ):4色(ダークグレイ、ダークブルー、リーフグリーン、レッド)
・ウレタンレザー張り:4色(ブラウン、ブルーグレイ、カーキグリーン、オレンジ)

■販売目標
初年度10億円

■製品価格
¥38,800(税抜き)〜

<*デザイナーのプロフィール>

榎本文夫 氏(榎本文夫アトリエ代表、駒澤女子大学人文学部空間造形学科教授)
1979年東京造形大学デザイン学科卒。多木浩二研究室を経て倉俣史朗氏に師事し(株)クラマタデザイン事務所勤務。
1986年榎本文夫アトリエ設立。現在、家具、インテリア、プロダクト、環境デザインなどを中心に活動。


■この件に関するお問い合わせ先
メールにてお問い合わせください。

ニュースリリーストップページへ内田洋行ホームへ

(C) Uchida Yoko Co., Ltd. All rights reserved.