文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 消費税法改正への機能対応について

ERP/基幹業務システム スーパーカクテルシリーズ 豊富な導入実績。日本企業のベストプラクティスを集約。

  • ERP/基幹業務システム HOME
  • スーパーカクテルの特長
  • 経営課題はこれで解決!
  • 製品情報
  • お客様導入事例

消費税法改正への機能対応について スーパーカクテルなら改正後もスムーズに対応

消費税法改正についてシステム対応ポイントスーパーカクテルの機能紹介

消費税法改正にともなう、会計システム・販売管理システムの機能対応について

消費税法改正について

平成26年(2014年)4月、消費税法が平成9年の「消費税率の改正(3→5%)」以来、大幅改正されました。

今後、消費税率10%に引き上げられる予定です。

税率の変更だけでなく、「経過措置」への対応をはじめ、将来的な「軽減税率」や「給付付き税額控除」の検討など継続的なシステム対応が必要です。

消費税法改正における、システム対応のポイント

消費税法改正は、会計システム、販売管理システムに影響します。
「スーパーカクテルデュオ会計」「スーパーカクテルデュオ販売」は、消費税法改正にもスムーズに対応できるシステムです。

伝票日付で適切な税率を
自動判断

伝票日付に応じて消費税率を自動判断します。消費税のマスタ設定を行うことで、新税率の運用が可能です。

複数税率を管理

複数の消費税率を管理できます。また、複数税率に対応した帳票もご用意しております。

経過措置に対応

税率引き上げ後に、旧税率が適用される「経過措置」に対応。伝票明細ごとに税率を変えることも可能です。

スーパーカクテルデュオ会計・販売の消費税対応機能

消費税対応機能について詳しくご紹介します。

伝票作成時の消費税率を自動的に判定

伝票日付より、税率を自動判定して消費税額を算出します。

複数税率への対応

複数の消費税率を管理することができます。課税取扱コードごとに消費税率、改定日を設定。また、複数税率に対応した帳票をご用意しております。

経過措置への対応

伝票入力画面にて消費税率を任意に選択できますので、消費税率の引き上げに伴う経過措置にも柔軟に対応できます。また、現期間の税率ではない場合、文字色を変更して注意を喚起します。

資料請求・お問い合わせ 国内トップクラスの導入実績 ERP/基幹業務システムの決定版!スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

資料請求・お問い合わせ スーパーカクテルについてお気軽にご相談下さい。

販売管理パッケージ 導入のポイントを3分でご紹介いたします!

ERP/基幹業務システムの製品情報
ERP/基幹業務システムの導入事例

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.