HOME > 情報システム分野 > 情報共有・コミュニケーション > 導入事例 > IT資産管理/システム運用管理ソリューションの事例

IT資産管理/システム運用管理ソリューションの事例

セキュリティ更新プログラムの適用管理を一元化

中央官庁 様 導入事例

導入ソリューション IT資産管理/システム運用管理ソリューション
導入製品・サービス SCCM
主な導入効果 業務の軽減/セキュリティの強化/コスト削減

導入前の課題・背景

中央官庁様において、全国の拠点を一元的に管理できるパッチ配信ソリューション導入を検討されていました。あわせて「Windows NAP(ネットワークアクセス保護)」との連携も行える必要がありました。そこで、WSUS(Microsoft Windows Server Update Services)とSCCM(System Center Configuration Manager)の導入をご提案しました。

課題
  • PCリプレイス/OSの切替えと同時に、全拠点の更新プログラム適用管理を一元化したい。
  • 更新プログラムを強制的に適用させることで、組織内のセキュリティレベルを一定に保ちたい。
  • 更新プログラムの適用が不十分なPCをネットワークから隔離したい。

解決策

システム構成図
■全拠点PCの更新プログラム適用状況を一元管理
・全拠点のWindows PCに対し、Microsoft Updateから提供される全ての更新プログラム適用状況を管理。
 未適用のPCについては、必要な更新プログラムを配布。
・PC台数が多い拠点に対しては配布用のサーバを配置することで、更新プログラム配布のトラフィックを効率化。
・更新プログラムの適用状況をWebレポートで明示的に把握。
■SCCM・WSUSとネットワーク検疫システムの連携
・ネットワーク検疫システムにより、検疫ネットワークにて接続されたPCの更新プログラム適用状況を確認。
・定義された更新プログラムが適用されたPCのみ、庁内LANへの接続を許可。
・更新プログラム未適用のPCに対し、SCCMからの自動的な適用を実施。

導入効果

効果
  • 全拠点のWindows PCに対し、Microsoft Updateから提供される全ての更新プログラム適用状況を管理し、未適用のPCについては、必要な更新プログラムを配布。
  • 更新プログラムの適用状況をWebレポートで明示的に把握。
  • 定義された更新プログラムが適用されたPCのみ、庁内LANへの接続を許可。

IT資産管理/システム運用管理ソリューションについて

  • 営業訪問・デモを希望
  • お問い合わせ・資料請求

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • スーパーカクテル イノーヴァ
  • スーパーカクテル
  • SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.