HOME > 情報システム分野 > 情報共有・コミュニケーション > 導入事例 > 仮想化・サーバ集約ソリューションの事例

仮想化・サーバ集約ソリューションの事例

経理システムのサーバ老朽化に伴い、将来的なシステム見直しまでハードウェアの延命化を図る

不動産業A社 様 導入事例

導入ソリューション 仮想化・サーバ集約ソリューション
導入製品・サービス Vmware
主な導入効果 サーバ台数の削減/レガシー延命/高可用システムの構築

導入前の課題・背景

不動産業のA社様では、経理システムを稼働させているサーバが老朽化して問題になっていました。将来的に関連会社(9社)も含めてシステムの見直しが控えていたため、ひとまずはハードウェアの延命化を図ることになりました。

課題
  • サーバが老朽化しており、突然の故障に対応できない可能性がある。
  • 関連会社も含めて複数台のサーバを運用しておりコストがかかっている。

解決策

仮想化ソフトウェア「VMware」を用いて仮想環境を構築。まずはA社様の経理システムを仮想マシンに移行し、順次関連会社の経理システムも移行させました。

導入前

老朽化のため移行を検討

導入後

P2V移行を実施

P2V移行

移行対象の物理サーバのディスクイメージを作成し仮想化ソフトのファイル形式に変換。変換したイメージを仮想マシンに復元します。

導入効果

効果
  • 現状のシステムに手を加えることなくハードウェアのみを交換し、さらに分散していたサーバを1台に集約。

仮想化・サーバ集約ソリューションについて

  • 営業訪問・デモを希望
  • お問い合わせ・資料請求

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • Webベース基幹業務システム スーパーカクテル イノーヴァ
  • 業種特化型基幹業務システム スーパーカクテルCore
  • 会議室予約・運用システム SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム
  • 絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳

さまざまな分野・業種に対応した業務システムやソフトウェア、IT製品をベースに、お客さまの視点に立ったベストソリューションを提供します。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.