文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > 介護・福祉向け製品 > 導入事例 > 社会福祉法人 悦生会 特別養護老人ホーム なごみの里様(埼玉県さいたま市)

社会福祉法人 × ケアの質や職員のモチベーションを向上

社会福祉法人 悦生会 特別養護老人ホーム なごみの里様(埼玉県さいたま市)

ケア向上のためにICTの導入を積極的に推進。
周辺業務の負担も軽減され職員のモチベーションも向上。

さいたま市の特別養護老人ホーム「なごみの里」様では、見守りセンサーや「絆 介護情報タブレットシステム」といったICTの導入など、ケアの質や職員のモチベーションを高める取り組みに力を注いでいます。職員の方々からの評判も上々で、入居者一人ひとりにあった個別ケアの提供につながっていると話す前野敏朗施設長。現在導入しているシステムの具体的な効果や、今後の展望などについても詳しく話をうかがいました

導入システム
絆 高齢者介護システム
絆 介護情報タブレットシステム
ライフリズムナビ+Dr.

活用のメリット

  • 入居者に応じた個別ケアの提供
  • 周辺業務の負担軽減
  • 職員のモチベーション向上
↑ページのトップに戻る

導入の目的と活用の効果

見守りセンサーの導入で個別ケアの提供が可能に

社会福祉法人 悦生会 特別養護老人ホーム なごみの里 施設長 前野敏朗 様

── ICTの導入を積極的に進められているそうですが、現在はどのようなシステムを活用されていますか?

半年前に県の介護ロボット普及促進事業を活用して、非接触型の見守りセンサー「ライフリズムナビ+Dr.」(エコナビスタ)を3台導入しました。
居室にセンサーマット、人感センサー、ドアセンサーを設置することで、入居者のバイタルや睡眠データ取得のほか、離床やドアの開閉などを感知して知らせてくれます。この製品の導入により、センサーで居室での様子や生活リズムを把握できるようになったので、一人ひとりにあった個別ケアの提供に繋がっています。

使いやすさと職員の声が導入の決め手に

── どのような経緯で「ライフリズムナビ+Dr.」を導入されたのでしょうか?

「絆システム」をはじめとした介護施設のICT化をサポートする内田洋行に相談したところ、見守りセンサーを勧められたのが、きっかけです。
実際の製品を見せてもらったところ、確かにスマホの表示も見やすいし、一目で状況把握がしやすいと感じました。職員からの「これなら使えそう」という声も決め手となり、導入に至った次第です。

より質の高いケアを目指したい

── 職員の方々からの評判はいかがですか?

職員からの評判は上々です。今では、新しい環境に慣れずに徘徊や不穏状態がみられる新規入居者など、各フロアから「この方にも使ってみたい」との声が職員から積極的に寄せられています。
ただ、今はまだ試行期間の段階です。今後は、職員の気づきや経験に見える化された生活リズムやデータを加えることで、より質の高いケアを目指したい。そのためにも活用の効果を見極め、導入台数を増やして、より多くのデータを取得することで、さらにケアの水準を高めたり、記録システムと連動したりすることなども検討していきたいです。

職員のモチベーションを上げて、入居者の方々にも喜びを

── なごみの里様では、「絆 介護情報タブレット」も導入されていますね。

はい。記録の効率化を図る「絆 介護情報タブレットシステム」の導入のほか、介護以外の周辺業務を担う「介護助手」の雇用などの取り組みも並行して進めています。
特にタブレットシステムについては、現場でいつでもどこでも簡単にタブレット上で入力でき、介護記録情報の閲覧や申し送り事項の引継ぎなど、情報共有が簡単になり、効率化に繋がっています。

── どういった目的で、そのような取り組みを進められているのでしょうか?

取り組みはさまざまですが、目的は職員のモチベーションを高めることに尽きます。多くの介護職員が、入居者に喜んでもらいたい、笑顔を見たいといった思いから介護に従事していますが、業務に追われて余裕がない状態では、どれほど経験や知識があっても良い介護は提供できません。したがって、周辺業務の負担を減らして、入居者と向き合う時間をできる限り確保することが職員のモチベーション向上につながり、入居者の方にも喜んでもらえるといった好循環を生むものと確信しています。

↑ページのトップに戻る

今後の展望

職員が生き生きと働ける職場環境を

── 職員の方々が余裕をもって業務に取り組める環境づくりは、これからも進められていくのですね。

今後もソフト面、ハード面あらゆる試行錯誤を重ねながら、職員が生き生きと働くことができる職場環境を整えていきたいと考えています。

↑ページのトップに戻る

お客様プロフィール

団体名 社会福祉法人 悦生会 特別養護老人ホーム なごみの里
所在地 埼玉県さいたま市
代表者 施設長 前野敏朗
定員 180名
URL http://www.nagominosato.net/
取材日: 2019年 8月(記載内容は取材時の情報です)
↑ページのトップに戻る

製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください

製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください
導入効果をもっと詳しく知りたい 導入システムの機能や帳票を確認したい
導入費用や手順を知りたい 施設のIT化やIT製品の活用に関するご相談 など
資料請求・お問い合わせ どうぞお気軽に
お問い合わせください
製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください
 

【お問い合わせ窓口】資料請求やお客様からのご質問を受け付けております

製品・ソリューションの一覧

福祉施設向け製品

お客様への導入事例

導入前の課題や導入
効果、お客様の声など
介護・福祉の導入事例をみる

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • Webベース基幹業務システム スーパーカクテル イノーヴァ
  • 業種特化型基幹業務システム スーパーカクテルCore
  • 会議室予約・運用システム SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム
  • 絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳

社会福祉法人 × 職員の業務負担軽減とタイムリーな情報共有の導入事例。介護システム/ソフト、福祉システム/ソフトの「絆シリーズ」の事例紹介です。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.