文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > 介護・福祉向け製品 > 導入事例 > 社会福祉法人 埼玉福祉事業協会 様(埼玉県さいたま市)

社会福祉法人 × 業務の負担軽減と利用者の意思決定を支援

社会福祉法人 埼玉福祉事業協会 様(埼玉県さいたま市)

ICTの導入で業務の負担軽減と利用者の意思決定を支援。
異業種連携による就労支援にも注力。

地域の障がい者の自立と経済活動への参加促進を図り、さまざまな障がい者福祉サービスを提供している社会福祉法人 埼玉福祉事業協会様(さいたま市、橋清子理事長)。現場では、利用者の意思決定支援と職員の業務負担軽減などに取り組むため、「絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳」を導入されています。導入の目的や効果のほか、現在注力している福祉サービスの内容について、橋清子理事長にお話しをうかがいました。

導入システム
絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳

活用のメリット

  • 記録をデータ保存することによる保管スペースの削減
  • キーワード検索機能で利用者の記録を容易にチェック可
  • 職員間でのタイムリーな情報共有
↑ページのトップに戻る

導入の目的と活用の効果

利用者の意思決定支援と職員の業務負担軽減に繋がっています

── なぜ「絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳」を導入されたのですか?

利用者の意思決定支援を行う上で、その人の日々の生活歴・活動歴の記録は非常に重要です。法令上の保存期間を過ぎたとしても簡単に捨てられるものではありません。「あすなろ台帳」の導入により、それらの記録を紙ではなくデータとしてシステム保存することで保管スペースを取らない上、キーワード検索機能で記録の統計を取ることも可能になりました。これにより、新入職員であっても、ご利用者の希望に沿った意思決定支援の為に「選好」を知る助けになっています。

── 導入によってどんな効果がありましたか?

就労支援の職員連携の面で効果がありました。普段の業務では、職員が利用者につきっきりになることも多く、現場を離れることができません。しかし同システムにより、事務職員と勤怠管理などの情報共有をタイムリーに行うことが可能になり、業務負担の軽減に繋がっています。

↑ページのトップに戻る

現在、最も注力している福祉サービス

障がい者の生活を支えるためには工賃アップが欠かせません

── 現在はどのような活動に力を注いでいるのでしょうか?

最近では、利用する障がい者の工賃を引き上げるために異業種経験者の雇用と企業との連携による就労支援に尽力しています。
障害基礎年金だけでは、地域で暮らす為の生活費が捻出できないと言う相談も多く、障がいがあっても住み慣れた地域で安心安全な暮らしを持続可能にするためには経済的な自立を支えるための工賃アップが欠かせません。また、どんなに障がいが重くても働きたいと言う思いを支援し、社会参加を促進する取り組みも同時に進めたいと思っています。福祉的作業に よる授産製品の製造や内職だけでは、工賃の引き上げにもつながりにくく、社会のサイクルにもなかなか入り込んでいけません。その為に、民間企業等との取引を拡大し、生産品を社会の中で流通させる形での障がい者の社会参加の有り方の醸成や、工賃の増強に繋げようと言う挑戦を試みています。

障がい者が一生懸命作ったのだから買ってください・・・と言う認識ではいけない

── 異業種企業と連携した就労支援に取り組む上で留意している点はありますか?

異業種の企業を顧客にすると、納品量や製品の質も厳しくチェックされますので、私たちも障がい者が一生懸命作ったのだから大目に見てくれるだろうという認識ではいけないと考えています。そこでより高い付加価値や利益率を追い求めるためにも、福祉分野の職員だけでなく各事業で専門の職人を雇用し、障がい者支援の理解を深めながら商品を生産すると言う「プレイングコーチ」を育成する取り組みを行っています。また、事業の種類の拡大と各作業工程の細分化や業務の切り出しにより、本人の障がい特性に合った作業が行える環境づくりにも努めています。

異業種連携が障がい者の雇用の場を広げることに繋がれば

── 異業種企業との連携によって、どんな成果が得られましたか?

工賃アップだけではなく、新しい可能性も見えてきました。
以前、勤めていた職人たちから、起業した会社や転職先で障がい者を雇用できたという報告を受けたのですが、当法人で障がいのあるご利用者と協働した経験が活きた例で率直に嬉しかったです。また最近は、障がい者雇用率を高めたいといった企業からの相談も寄せられるようになり、私たちが取り組む異業種連携のノウハウを障がい者雇用の場を拡大することに繋げて行きたいと考えています。

  • 障がい者と専門の職人が共に作業することで、付加価値や利益率がアップ
  • 大手レストランチェーンにも卸しているパンは、年間8,000万円を売り上げる主力商品
↑ページのトップに戻る

今後の展望

今後もさまざまなチャレンジを続けていきたい

── 最後に今後の展望をお聞かせください。

昨年10月には、さいたま市内にトレーナー、エステティシャンと障がい者が協働する場として、フィットネスクラブ・エステの「すこやか倶楽部」をオープンさせ、課題や連携のあり方を模索しています。
また、今年4月には多機能型施設「ゆずり葉」を開設しました。人材確保などの課題は抱えたままですが、地域の障がい者の人生をより豊かにするために、今後もさまざまなチャレンジを続けていきたいと考えています。

平成31 年2 月27 日竣工した「ゆずり葉」
左上:施設入所支援「ひよこ棟」食堂 右上:宿泊型自立訓練 全室個室キッチン洗面トイレ付
左下:エアシャワー 右下:就労継続支援A 型 パン成形室

↑ページのトップに戻る
絆シリーズ導入事例
社会福祉法人 埼玉福祉事業協会 様
↑ページのトップに戻る

お客様プロフィール

団体名 社会福祉法人 埼玉福祉事業協会
所在地 埼玉県さいたま市
生産活動 菓子製造・パン製造・レストラン事業・花木栽培・レンタルおしぼり製作・農作業・手漉き和紙製作・古紙再生植木鉢製作・リサイクル石鹸製作
サービス提供事業所 障害者支援施設「杉の子学園」、多機能型事業所「あかしあの森」、就労継続支援事業所「花の食品館レストラン」、障害福祉サービス事業所「さいたま西部生活支援センター」、グループホーム「プリムローズ」、障害者支援施設「ゆずり葉」、相談支援事業所「さいたま西部生活支援センター」「地域移行支援室ゆずり葉」
URL http://www.suginoko-g.or.jp
取材日: 2019年 2月 (記載内容は取材時の情報です)
↑ページのトップに戻る

製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください

製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください
導入効果をもっと詳しく知りたい 導入システムの機能や帳票を確認したい
導入費用や手順を知りたい 施設のIT化やIT製品の活用に関するご相談 など
資料請求・お問い合わせ どうぞお気軽に
お問い合わせください
製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください
 

【お問い合わせ窓口】資料請求やお客様からのご質問を受け付けております

製品・ソリューションの一覧

福祉施設向け製品

お客様への導入事例

導入前の課題や導入
効果、お客様の声など
介護・福祉の導入事例をみる

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • Webベース基幹業務システム スーパーカクテル イノーヴァ
  • 業種特化型基幹業務システム スーパーカクテルCore
  • 会議室予約・運用システム SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム
  • 絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳

社会福祉法人 × 業務の負担軽減と利用者の意思決定を支援の導入事例。介護システム/ソフト、福祉システム/ソフトの「絆シリーズ」の事例紹介です。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.