文字サイズを変更
HOME > 情報システム分野 > 介護・福祉向け製品 > 導入事例 > 社会福祉法人 日野友愛会 特別養護老人ホーム 千松の郷 様(滋賀県彦根市)

社会福祉法人 × 職員の業務負担軽減とタイムリーな情報共有

社会福祉法人 日野友愛会 特別養護老人ホーム 千松の郷 様(滋賀県彦根市)

職員の業務負担軽減策として「絆」を導入。
サービスと記録の質向上も実感。

琵琶湖の湖岸に建つ千松の郷様は、定員80人の特養に加え地域密着型特養を併設する特別養護老人ホーム。2012年の開設に合わせて「絆 システム」を導入し、2017年より介護記録にタブレットを活用しながら業務負担軽減・ケアの質向上を図っています。タブレット導入により「現場の負担感を3分の1は軽減できた」と体感する奥田将吉施設長に導入の背景や活用のメリットなどについてうかがいました。

導入システム
絆 介護情報タブレットシステム

活用のメリット

  • 職員の業務負担軽減とタイムリーな情報共有
  • ボタンひとつで記録を取れる利便性
  • サービスや記録の質向上
↑ページのトップに戻る

導入の背景

他の業務と並行して記録ができるようになった

社会福祉法人 日野友愛会 特別養護老人ホーム 千松の郷 施設長 奥田 将吉 様

── 「絆 介護情報タブレットシステム」を導入された経緯をお聞かせください。

機器入れ替えのタイミングで、職員の業務負担軽減策としてタブレット導入の検討を始めました。これまではパソコンがあるスタッフルームに戻り、記録や転記を行っていたのですが、試験的にタブレットを導入したところ、他の業務と並行して記録を取れるようになるなどの効果を実感したため、2017年本館にて各ユニットに1台の導入を決めました。運用状況を把握した2018年には弐番館にも導入といった流れです。

↑ページのトップに戻る

導入のポイント

職員が利便性を実感したことで、不安は払しょくされた

── 年配の職員さんにとって、「絆」導入は少しハードルが高かったのでは?

たしかに使用前は、年配の職員から「操作できるか不安」という声もありましたが、実際に使ってもらったところ、現場で頻繁に使用する記録文例が用意されていてボタン一つで入力できるという利便性を実感したようで、不安は払しょくされました。今では、もともと扱いに慣れていた若い職員も含め、タブレットを持ち歩いてすき間時間を上手く活用し、入居者に目を配りながら記録を取れています。

  • タブレット導入により、入居者に目を配りながらの記録や情報共有が可能に
  • 施設内からは、琵琶湖の絶景を眺望できる
↑ページのトップに戻る

導入後の効果と今後の展望

現場の負担が軽減され、サービスや記録の質も向上

── 導入後は、具体的にどのような効果を実感されていますか?

導入前後で、現場の負担が3分の1は軽減されていると体感しています。また、職員の労務改善だけでなく、短縮化できた時間を入居者に寄り添う時間に充てられるので、サービスの質向上にも繋がったほか、入居者の皮膚トラブルや拘縮の状態をカメラ撮影できるなど、記録そのものの質も上がりました。

日々の介護記録をどうケアに生かしていくかが課題

── 現状はICTが業務やサービスに好影響を与えているようですが、今後の課題や展望についてもお聞かせください。

タブレット導入をはじめとする新たな取り組みにより、職員確保・定着につなげ、安定した満床状態を実現できた一方で、今後は日々の介護記録をどうケアに生かしていくかが課題となります。今年度は更なる効率化・ケア向上を図るため、見守りセンサー導入なども検討中です。

ICTや新しい仕組みを導入するには、慣れるまでの負担感が大きいため、現場に余裕や余力があるときにこそ先手を打ち、新たなチャレンジを重ねていくことが大切だと考えています。また当施設が重要視する地域特性に応じた地域との共生のためにも、さまざまな取り組みを行い、入居者や地域のニーズに合わせたサービスを安定して提供し続けるように努めていきたいですね。

↑ページのトップに戻る

絆 介護情報タブレットシステム 構成図

iPad 9.7 インチモデル + iOS10.x + Safari( 横向きに最適化) ※iPad Mini / iPad Pro(12.9 インチ)は対象外 ※音声入力利用時は iPad3 以降 / インターネット接続必須
Web サーバー:WindowsServer2012(R2) (IIS 8.0/8.5) データベースソフト( 絆本体と共用)
SQLServer2008(R2) / 2012 / 2014 Standard 以上のEdition(Express Edition は対象外)
絆介護情報タブレットシステムには絆高齢者介護システムが動作している環境が必要です。

絆シリーズ導入事例
社会福祉法人 日野友愛会 様
↑ページのトップに戻る

お客様プロフィール

団体名 社会福祉法人 日野友愛会 特別養護老人ホーム 千松の郷
所在地 滋賀県彦根市
開設 本館/平成24年 8月
弐番館/平成27年5月
定員 本館/ 80 人
弐番館/ 29 人
URL http://senshonosato.com/
取材日: 2019年 5月 (記載内容は取材時の情報です)
↑ページのトップに戻る

製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください

製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください
導入効果をもっと詳しく知りたい 導入システムの機能や帳票を確認したい
導入費用や手順を知りたい 施設のIT化やIT製品の活用に関するご相談 など
資料請求・お問い合わせ どうぞお気軽に
お問い合わせください
製品・ソリューションについて、お気軽にお問い合わせください
 

【お問い合わせ窓口】資料請求やお客様からのご質問を受け付けております

製品・ソリューションの一覧

福祉施設向け製品

お客様への導入事例

導入前の課題や導入
効果、お客様の声など
介護・福祉の導入事例をみる

メールマガジン登録

業界の最新動向やセミナー情報を
いち早くお知らせします(登録無料)

情報システム分野

主な製品シリーズ

  • Webベース基幹業務システム スーパーカクテル イノーヴァ
  • 業種特化型基幹業務システム スーパーカクテルCore
  • 会議室予約・運用システム SMART ROOMS
  • 絆 高齢者介護システム
  • 絆 障がい者福祉システム あすなろ台帳

社会福祉法人 × 職員の業務負担軽減とタイムリーな情報共有の導入事例。介護システム/ソフト、福祉システム/ソフトの「絆シリーズ」の事例紹介です。

PAGE TOP

COPYRIGHT(C) UCHIDA YOKO CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.