HOME > 情報システム分野 > ERP/基幹業務システム スーパーカクテル > 製品情報 > スーパーカクテル イノーヴァ

スーパーカクテルシリーズ

Webベース基幹システム ワークフローと連携

販売購買在庫債権・債務取引先ポータルワークフロー

「スーパーカクテル イノーヴァ」とは?

スーパーカクテルイノーヴァはWebベースのERPです。
ただし単なる記録のための社内システムに留まりません。
企業グループ「内」「外」含めた最適な業務プロセスを軸に、クラウドで結びつく顧客や消費者、
サプライヤーや協力会社、IoTで繋がりあう設備や機器と直接かつリアルタイムに連携し、
貴社が高付加価値なサービス/商品を提供していくための土台となる
デジタルエンタープライズの実現を支援します。

「スーパーカクテル イノーヴァ」の特長

ビジネス環境の変化に合わせて必要な機能を限定して利用することができます。
取引先やグループ企業とのシームレスな連携を支援する機能を豊富に備えています。

必要な業務・機能だけをコンパクトに導入可能 & 高い拡張性

販売のみ、会計のみといったアプリケーション単位や、「販売」のなかでも「受注・在庫」のみなど、お客様の業務に合わせ柔軟に導入可能です。「モジュール×ユーザ数」の積み上げを基本とする適正なライセンス価格で、必要な業務・必要なユーザ数からスモールスタートし、段階的に拡張していくことができます。

取引先との迅速な情報共有を支援する「公開ポータル」機能

取引先(得意先、得意先の顧客、仕入先、協力会社ほか)向けの公開ポータルサイト機能を標準で装備しています。在庫状況の共有、納期回答や発注書・納品書のやり取りなど、情報共有を迅速化し、サプライチェーン全体の業務効率化・スピード向上を支援します。

多彩なシステムパラメータによるカスタマイズで開発コストを削減

パッケージ標準のプログラムを改変せずにカスタマイズ可能な様々な機能を保持しており、将来のバージョンアップ時の影響を最小化できます。

  • ・取引区分パラメータの設定により取引種類の追加や後処理の変更が可能
  • ・任意のチェックや更新などの処理をパッケージ標準に影響なく差し込める「ホットポイント」を設置
  • ・主要登録画面に足りない管理項目をノンプログラミングで追加できる仕組みを実装
詳しいカタログ・導入事例を、今すぐPDFでご覧いただけます!

国内外6,000社を超える導入実績を持つ「intra-mart(イントラマート)」をシステム基盤として採用しています。ワークフローやポータルなどの情報系システムと基幹系システムが同一基盤で動作し、業務に必要なシステムを統合して運用できます。

「intra-mart」が基盤のため社内システムの統合が容易

国内外6,000社を超える導入実績を持つ「intra-mart(※)」をシステム基盤としてして採用しています。基幹システムだけでなく、CRMやSFA、グループウェアなどさまざまな社内システムを一つの基盤で構築できます。業務システムを集約し、データベースやマスタを一元管理することで、システム運用コストの削減を図ります。※intra-martは株式会社NTTデータイントラマートが提供するWebシステム開発・実行のための基盤製品です。

業務品質を高める高機能なワークフローを標準で装備

11年連続シェアNo.1(※)のワークフロー「intra-mart」を標準で装備。幅広い業務プロセス処理、既存システム連携にも対応し、グローバルを含めた全社規模の統一基盤として利用可能です。
例えば、承認モレによる業務スピードの低下を防ぐために、伝票登録があると、適切な承認者に自動的に承認依頼が通知されるといった承認フローは画面上でのドラッグ&ドロップ操作で設定。部門をまたいだ複雑なフローも簡単に作成できます。※株式会社富士キメラ総研発刊『2008~2010 パッケージソリューション・マーケティング便覧』、および『ソフトウェアビジネス新市場 2011~2017年版』より

業務プロセスの可視化・標準化により生産性を向上

Innovaの基盤であるintra-martは、業務プロセスの可視化・標準化を実現するBPMツール群を備えています。各部門における業務を洗い出し、プロセスの定義、実行、モニタリング、再定義というサイクル繰り返すことで、企業の生産性向上を支援します。※BPM(Business Process Management)とは、“ビジネスプロセス”にマネジメントサイクルを適応し、継続的なプロセス改善を遂行するという考え方。また、それを実行するために複数の業務プロセスや業務システムを統合・制御・自動化し、業務フロー全体を最適化するための技術やツールのこと。

詳しいカタログ・導入事例を、今すぐPDFでご覧いただけます!

複数の企業で1つのシステムを共同利用できる「マルチテナント」機能やクラウド対応によりグループ企業での導入に最適。多言語、多通貨に対応し、海外拠点でも国産ERPを安心して利用できます。

1つのアプリケーションを複数の会社で共同利用できる「マルチテナント」機能

1つのアプリケーションを複数の会社で共同利用が可能です。国内・海外のグループ企業全体の統制対応に最適です。クラウド基盤での環境構築が可能なため、グローバルに広がるグループ企業全体における情報収集の迅速化やシステム運用コストの削減を支援します。

多言語・多通貨に対応する共通基盤

グローバルな事業展開を支援するため、輸出入業務や多通貨に対応できる共通基盤を使用しています。
ログインした会社に応じた標準通貨の自動切り替え、取引先毎の通貨決定に加え、取引毎に通貨・レートの設定も可能です。共通基盤では各種マスタ・帳票・画面ラベルなどの名称を多言語切り替え可能な機構も有しています。

詳しいカタログ・導入事例を、今すぐPDFでご覧いただけます!

システム概要

販売・購買・在庫・債権債務・取引先ポータルなどの基幹系システムを中心に、
グループウェア、ワークフローなどの情報系システムも標準機能としてご利用いただけます。

※intra-martは株式会社NTTデータイントラマートが提供するWebシステム開発・実行のための基盤製品です。

主な機能

業種別ソリューション

アパレル業
設備工事業/
エンジニアリング業
プロジェクト型
ビジネス
(広告/Sier/
コンサルティング等)
まずはお気軽にご相談ください
スーパーカクテルシリーズの導入に関するご相談、製品のお見積・お問い合わせはこちらから